策士バケツの水に溺れる!井ノ原快彦(V6)主演「特捜9」第8話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

星野花太郎

捜査から送検まで一気通貫で受け持つ「特別捜査班」の活躍を描く、井ノ原快彦(V6)主演、テレビ朝日系列ドラマ「特捜9」。5月30日(水)に放送された第8話では、会社社長の妻が殺される。事件の背後にはある陰謀が隠されていた。


井ノ原快彦(V6)主演「特捜9」第8話 (c)テレビ朝日・東映

解散させられた「9係」に所属していたメンバーが、主任に命じられた浅輪のもとに再集結した。浅輪と新藤、青柳と矢沢、小宮山と村瀬、コンビどうしの息のあった連携で、事件を解決に導いていく。

プールに溺死死体、強盗殺人か!?

会社社長の邸宅のプールで、妻の水上康子(舟木幸)の遺体が発見された。溺死だった。額には争った際についたとみられる傷があった。自宅が荒らされていたことから強盗殺人が疑われた。

浅輪直樹(井ノ原快彦)ら特捜班は、第1発見者の音無奈々(岡村いずみ)と、被害者の夫・水上洋次郎(団時朗)から事情を聴いた。音無は水上と契約しているハウスクリーニング会社の社員。その日、いつも通り仕事に来て遺体を目にしたという。ただし、供述、行動に不審な点があった。社長は妻が死んだことを嘆いていた。当日はゴルフ場にいたことからアリバイは成立している。

被害者は次期社長の座をめぐり暗躍

社長と康子は再婚。康子には翔(森岡龍)という連れ子があり、彼は次期社長候補として社長のもとで働いていた。わが子を跡取りにという康子のプッシュは相当強引だったらしく、彼女の評判は芳しくない。強盗殺人ではなく怨恨の線も捨てられなかった。

音無に改めて話を聞く。彼女が来た時間は、通常の掃除時間とは違っていた。音無はその日、康子との間でトラブルがあったと白状した。いったん邸宅を出たが、謝罪しに再度訪れ、遺体を発見したというのだ。

遺体の顔の傷は、清掃用品によってつけられたことが判明した。傷の形、塗装物などはハウスクリーニング会社所有のものと完全に一致した。やはり音無が関わっていたのか……。捜査班が彼女をしょっぴこうとしたとき、ハウスクリーニング会社の社長・和田幸太(出合正幸)が自首してきた。

依頼殺人と、任務失敗

和田は、当日康子から急に呼び出されたらしい。清掃を始めようと床に向かった時、背後からいきなり首をひもで絞められた。無我夢中で清掃用具で殴りつけ、そのまま退散した。しかし、溺死に関しては身に覚えはないという。

和田は、じつは水上洋次郎と飲食店を経営していた女性との間にできた婚外子だった。水上はそのことに気づき、DNA鑑定を依頼していた。翔の座が脅かされると危機感を抱いた康子は、和田の殺害をある人物に依頼した。水上の秘書・片山浩之(佐伯新)だ。片山は、康子に弱みを握られていたため、受諾する以外の選択肢はなかった。しかし、良心の呵責から実行には至らず、激怒した康子は、汚い言葉で片山を罵った。ブチ切れた片山は逆襲。康子の頭をつかみ、和田が現場に残していった清掃用のバケツに顔を押し込み、溺死させた。そして、強盗殺人を装うために部屋を荒らした。

和田には、水上の跡継ぎになどという下心はなかった。彼は水上から会社に入ることを勧められた際にも固辞していた。被害者は愚かな思い込みのせいで、強烈なしっぺ返しを食うことになった。

和田クンは国際A級スナイパーか!?

顔に傷をつけたのはチリトリだったんだけど、和田クン、自首は早トチリだったね。チリトリじゃあ、いくらなんでも人は死なないよ!! むかし女子プロレスで、悪役レスラーが対戦相手の頭に一斗缶を振り下ろしていたけど、素材的にもその程度の柔らかさだし。しかも、首を絞められた状態で、背後に向かって小突いただけなんだから。そんなんで殺せたら、ゴルゴ13なみの暗殺者として、どこかの危ない国からスカウトが来ちまうよっ。

次回第9話は、6月6日(水)夜9時から放送

遺体の口に警察バッジ。
第9話は、テレビ朝日系列で6月6日(水)夜9時から放送。

井ノ原快彦(V6)主演「特捜9」公式サイト
http://www.tv-asahi.co.jp/tokusou9/

特捜9

テレビドラマ 国内ドラマ 刑事 サスペンス

製作年:2018年

9係から特捜9へ。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP