私の兄は人を殺めました

あらすじ

――5年前。季節は秋だった。兄が人を殺し私の人生は大きく変わった。犯罪者の妹として周囲から孤立して生きるわかな。いじめられることに慣れ、すべてを諦めていた。そんな時、自分とは正反対の真歩と出会う。暗く閉ざされたわかなの世界が変わりはじめ――。(この作品はコミック版に収録されています。重複購入にご注意ください。)

配信中作品一覧

並び替え
  • 私の兄は人を殺めました 1
    私の兄は人を殺めました 1
    ――5年前。季節は秋だった。兄が人を殺し私の人生は大きく変わった。犯罪者の妹として周囲から孤立して生きるわかな。いじめられることに慣れ、すべてを諦めていた。そんな時、自分とは正反対の真歩と出会う。暗く閉ざされたわかなの世界が変わりはじめ――。(この作品はコミック版に収録されています。重複購入にご注意ください。)
  • 私の兄は人を殺めました 2
    私の兄は人を殺めました 2
    ――5年前。兄が人を殺し、犯罪者の妹として孤立して生きる日々が始まった。ようやく友達・真歩(まほ)ができたわかな。しかし真歩の兄を殺したのが自分の兄だとわかり…。真実を告げることに苦しむわかな。そんな時、わかなの過去を知る愛美(まなみ)が現れて――
  • 私の兄は人を殺めました 3
    私の兄は人を殺めました 3
    悩みや不安を一人で抱えて生きるあなたへ 「これから未来へと歩んでいこう」  ――5年前。兄が人を殺し、犯罪者の妹として孤立して生きてきた――。  わかなは、ようやくできた親友・真歩に、自分の兄が真歩の兄を殺した犯人であることがばれてしまう。真歩は学校の屋上にわかなを呼び出すが、そこに現れたのは、わかなの兄・冬真だった。わかなは、憎しみの連鎖を断ち切るために、2人のもとへ急ぐが――。
  • 私の兄は人を殺めました 4
    私の兄は人を殺めました 4
    ――犯罪者の妹として生きる――。「誰かを救える人になりたい」と強く思うようになったわかなは、将来の夢ができ真歩とともに大学に進学する。前に向かって生きていこうとする2人だったが、偶然、真歩の兄・律樹の手帳が見つかる。そこには律樹の死に関する内容が記されていて――。
  • 私の兄は人を殺めました 5
    私の兄は人を殺めました 5
    悩みや不安を一人で抱えて生きるあなたへ。――犯罪者の妹として生きる――。ボランティア部の活動で、こども食堂を運営する女性・五月に出会ったわかな。彼女は柊星の姉だった。過去に柊星が起こした傷害事件のあと、家族は離散した。一人で事件を抱え込み今も苦しむ修星。わかなは柊星の力になりたいと思うが――。
  • 私の兄は人を殺めました 6
    私の兄は人を殺めました 6
    悩みや不安を一人で抱えて生きるあなたへ。――犯罪者の妹として生きる――。真歩の兄・律樹を殺した犯人の妹だと、真歩の祖母にバレてしまったわかな。今まで真歩の親友として優しく接してくれていた真歩の祖母だったが、わかなに強い怒りと非難をぶつけた直後に倒れてしまう。わかなは強い喪失感と自責の念にかられる。これ以上大切な人達に、自分のせいで傷ついてほしくないわかなは――。
購入した作品の読み方

無料作品

こんな商品もチェックされています