ボクラノキセキ

あらすじ

前世の戦争により滅んだある国の王女・べロニカの記憶を持つ少年、皆見晴澄。彼はその言動と行動が原因で学校生活に馴染めずにいたが――…。その運命を僕たちは忘れない。久米田夏緒が描く前世を巡る現代ファンタジー、ついに発売!! ※巻末に電子版オリジナルのイラストを掲載しています。

配信中作品一覧

並び替え
  • ボクラノキセキ(1)【イラスト特典付】
    ボクラノキセキ(1)【イラスト特典付】
    前世の戦争により滅んだある国の王女・べロニカの記憶を持つ少年、皆見晴澄。彼はその言動と行動が原因で学校生活に馴染めずにいたが――…。その運命を僕たちは忘れない。久米田夏緒が描く前世を巡る現代ファンタジー、ついに発売!! ※巻末に電子版オリジナルのイラストを掲載しています。
  • ボクラノキセキ(2)
    ボクラノキセキ(2)
    戦争により滅んだゼレストリア王女・べロニカの記憶を持つ高校生・皆見晴澄。彼の周囲では、クラスメイトたちもまた、次々と前世の記憶を取り戻す。そんな中、自分はべロニカであると名乗る少女・広木があらわれる――…。
  • ボクラノキセキ(3)
    ボクラノキセキ(3)
    戦争により滅んだゼレストリアの王女・ベロニカの記憶を持つ高校生・皆見。かつて神官・カルロであった大友は、クラスで記憶を持つ者を集め出す。『現在』の生活を重んじる皆見と意見が対立し始め――…?
  • ボクラノキセキ(4)
    ボクラノキセキ(4)
    前世の身分に固執し、強力な魔法を使うことができる矢沼が暴走し、目黒を攻撃してしまう。矢沼を止めるため、皆見は自らが王女ベロニカの生まれ変わりであることを明かす。普段とはまったく違う皆見の立ち居振る舞いに、矢沼たちは驚愕し――…。
  • ボクラノキセキ(5)
    ボクラノキセキ(5)
    魔法と思われる力で地震がおきた頃、大木が山に向けて魔法を撃っていたところを目撃した槙。槙は大木を呼び出し、事実を黙っている代わりに、新しい魔法を覚えるための儀式を試したいので、それに協力してほしいと頼む。一方、皆見は教室に残されたメッセージをきっかけに、上岡を魔法で攻撃した犯人を特定しようとしていた。交錯するそれぞれの思惑。真実は明らかになるのか!?
  • ボクラノキセキ(6)
    ボクラノキセキ(6)
    自らの正体を明かす覚悟を決めた皆見。しかし、またもや黒板に書かれていたメッセージが新たな混乱をもたらす……。戦うべき敵は一体誰なのか!?
  • ボクラノキセキ(7)
    ボクラノキセキ(7)
    七浦の主人であるユージン王子の正体を知ろうとする槙。一方、皆見は手嶋野と矢沼とともに作戦を立てていたが、手嶋野はあることに気付いてしまい―‐?
  • ボクラノキセキ(8)
    ボクラノキセキ(8)
    ユージンが転生していることを知った皆見達。手嶋野は瀬々が放った言葉がユージンと同じものと気づき、皆見にそのことを伝える。二人は瀬々の前で「ユージンに会いたい」と話をし、反応を窺うが…。
  • ボクラノキセキ(9)
    ボクラノキセキ(9)
    みんなの記憶を意図的に引っ張りだす計画の当日、皆見は春湖に自分に向かって魔法を撃つように言う。それに紛れて、皆見を狙い、魔法を放つ七浦。緊迫した状況により、皆見と手嶋野は神官リュカが魔法で死んでいることを思い出す。
  • ボクラノキセキ(10)
    ボクラノキセキ(10)
    かつて存在し、滅亡した国・ゼレストリアの王女・ベロニカとしての記憶を持つ男子高校生・皆見晴澄。あの時、あの城で、いったい何があったのか・・・。徐々に思い出される城での暮らしやそれぞれの記憶。その断片がすこしずつ繋がり、そして-。前世&転生ファンタジー、過去と現在を見極める第十巻!
  • ボクラノキセキ(11)
    ボクラノキセキ(11)
    広木がずっと隠していた事実――それは、彼女の前世に関わる重大な秘密だった。御堂と百花に、ずっと嘘を吐いていたことを謝る広木に対し、二人は味方であり続けると告げる。一方、「前世を思い出さない」という決断をしていた瀬々だが、ある日バイト先のカラオケ店から出たところを魔法で襲われる!! 無意識に魔法で対抗しようとする瀬々は――!? 前世を巡る大人気ファンタジー、待望の第11巻!!
  • ボクラノキセキ(12)
    ボクラノキセキ(12)
    瀬々が魔法で襲われた事実を知り、危機感を募らせる皆見たち。皆見は、黒幕をあぶりだすために、「ユージン」かもしれない、として名乗りを上げることを決意するが…。前世を巡る大人気ファンタジー、最新刊!!
  • ボクラノキセキ(13)
    ボクラノキセキ(13)
    ユージンと偽り、情報を集める皆見。王女を守ろうと動く広木と七浦。それぞれが異なるやり方で、『過去』の真実を解き明かそうとしていく。そんな中、戦争を裏で操っていたのが教会だという情報を知らされた大友は…!? 大人気、前世を巡るファンタジー、第13巻!!
  • ボクラノキセキ(14)
    ボクラノキセキ(14)
    「前世」と今。たとえ記憶を持っていたとしても、それはもう違う人間だ。皆見は、教会が戦争に関与していたと大友から聞かされるが、それに対する非難も、ベロニカを助けようとした事への感謝も、口にすることは出来なかった。一方、手嶋野は、渡辺が新たに「前世」の記憶を取り戻したのではないかと疑い、慌てて渡辺を捜索するが――。
  • ボクラノキセキ(15)
    ボクラノキセキ(15)
    内通者である参謀の息子がグレン・シュライバー…阿部の発言をきっかけに、広木はかつてグレンであった時に母ステラと交わした言葉を思い出す。それは、グレンが実はアリファルドの血を引いているという真実で――。新たな転生者の出現により、前世の真相へまた一歩近づいていく第15巻!!
  • ボクラノキセキ(16)
    ボクラノキセキ(16)
    自身の前世と繋がりのある人物に関わるたび、少しずつ過去の記憶が蘇っていく瀬々。彼は全てを思い出してしまうのか――…? 一方、阿部と仁科が決闘をしているという場所に到着した皆見たち。そこで決闘の仲裁に入っていた山田が、戦争の真実について語りはじめ――!? 少しずつ明らかになる真実から目が離せない第16巻!!
  • ボクラノキセキ(17)【イラスト特典付】
    ボクラノキセキ(17)【イラスト特典付】
    前世の記憶を思い出した瀬々は、自身がユージン王子であった頃の記憶を思い返し、彼の考えに触れようと試みていた。一方、美月はなぜユージン王子が光の柱の魔法を使ったのか、ということについて思考し、事態はそれぞれの立場で考察されていく。さらに、前世での死についての記憶が曖昧な矢沼=オーギュスタンの死について話していた面々は、思わぬ可能性に思い至り――!?
  • ボクラノキセキ(18)【イラスト特典付】
    ボクラノキセキ(18)【イラスト特典付】
    前世の記憶を取り戻した瀬々は、過去の秘密を共有する元井と共に思い出した記憶の照らし合わせをする。一方、教会の監督役としての前世を思い出した山田は、孤立を深めていくが…。“今”を守るために過去に縛られる、葛藤する彼らの決断は――。次々と浮上する問題に直面する、衝撃の第18巻!
  • ボクラノキセキ(19)【イラスト特典付】
    ボクラノキセキ(19)【イラスト特典付】
    “ユージンがベロニカを殺したのは、禁呪を葬り去るため”。新たな過去への手掛かりは、残酷な問いかけをもたらした。春湖は、他に道がないのなら、この世界のために皆見を殺せるのか自問する。一方、皆見の言葉によりその事実を思い出した瀬々は、「今度こそ自分を殺せるか」と手嶋野へ問いかけるが――? 思い出した前世の記憶を突きつけられる衝撃の第19巻!!
  • ボクラノキセキ(20)【イラスト特典付】
    ボクラノキセキ(20)【イラスト特典付】
    仁科の正体は神官なのか…疑いを深めた牧は、百花を通じて皆見たちに相談をしようとする。一方、突然の襲撃に遭い重傷を負った手嶋野(ヴィンス)。かつての主・ユージンとしての記憶を取り戻した瀬々は、傷ついた手嶋野の姿を見て激高し―――!?
購入した作品の読み方

無料・先行作品

こんな商品もチェックされています