明智光秀、最後の刻へ―。戦国歴史ドキュメント堂々完結!!「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」最終第8巻、10月20日発売!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報提供:株式会社 秋田書店

明智光秀、最後の刻へ―。戦国歴史ドキュメント堂々完結!!「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」最終第8巻、10月20日発売! (1)
画像を拡大して見る

株式会社秋田書店(所在地:東京都千代田区/代表取締役社長:樋口茂)は、2016年に連載スタートした明智光秀の子孫と伝えられる歴史研究家・明智憲三郎による歴史ドキュメント「本能寺の変 431年目の真実」を原案とした「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」の最終単行本8巻を10月20日に発売いたします。





最終巻で描かれるのは明智光秀の壮絶な最期!
幼き頃より絶え間無く戦い続け、愛する妻を喪い、誰よりも信頼する人を葬り、
戦いに明け暮れた明智光秀、67年の生涯のクライマックス。
「山崎」で羽柴秀吉との天下分け目の大決戦へ…。
光秀の絶対必勝の奇策! まさかの“あの人物”の裏切り! そして、最期の刻へ!!
明智光秀は最期に何を想い、何を願い散っていくのか……!?

最終巻の巻末に重大発表アリ!

全世代、必読の
「教科書には載ってない、本当の明智光秀!」
単行本1.~8.巻&外伝 大好評発売中!!

◆作品/コミックス概要
・著者 星野泰視
https://twitter.com/shinoyasushiho

・「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」あらすじ
400年以上もの間、希代の逆賊と云われ続けてきた明智光秀。
その末裔が、ただただ真実を知りたいという思いから、信憑性の高い歴史資料の精査を十数年かけ、遂にある“真実"に辿り着いた。
織田信長はなぜ、殺されたのか!?
大事件のストーリーを仕立て上げた人間は誰なのか…!?
そして、明智光秀という男の本当の姿とは…!?
日本史最大のミステリー「本能寺の変」。
多くの謎に満ちた大事件の“真相"と
我々が習った歴史の“偽り"を今こそ暴く―――。
「本能寺の変」があった天正10年、惟任日向守・明智光秀は67歳。主君である織田信長より18歳年上であった。物語は、その3日後より始まる……。

試し読みURL:http://arc.akitashoten.co.jp/comics/mitsuhide/1

・コミックス情報
タイトル:「信長を殺した男~本能寺の変 431年目の真実~」1巻
著者:漫画=藤堂裕 原案=明智憲三郎
レーベル:ヤングチャンピオン・コミックス
発行:秋田書店
定価:本体630円+税
発売日:2020年10月20日(⽕)
ISBN:978-4-253-14191-8

【会社概要】
商号 :株式会社秋田書店
代表者 :代表取締役社長 樋口 茂
所在地 :〒102-8101 東京都千代田区飯田橋2-10-8
創立 :1948年8月10日
事業内容:雑誌・書籍・コミックス・文庫・児童図書・メディアミックスなど
社員数 :約150名

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

PAGE
TOP