誕生50周年記念!ピョン吉、ひろし、京子、五郎、梅さんたちが活躍する『ど根性ガエル 傑作セレクション』11月下旬発売

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

過去の『ど根性ガエル』関連品にないアプローチによる表紙。 (c)吉沢やすみ/オフィス安井
画像を拡大して見る

1970年から1976年まで『週刊少年ジャンプ』(集英社)で連載され、今年で50周年を迎えた吉沢やすみの人気漫画『ど根性ガエル』。50周年を記念して11月下旬に『ど根性ガエル 傑作セレクション』が復刊ドットコムにて販売される。

『ど根性ガエル』は、1972年にTVアニメ化されて大ヒット。1980年からはリメイクアニメ『新・ど根性ガエル』が放送され、ここではとんねるずが主題歌を歌った。2015年には松山ケンイチ主演でTVドラマ化されたこともある時代を越えて愛される昭和を代表する作品。

今回の『ど根性ガエル 傑作セレクション』には、雑誌初掲載の読み切り作品、連載第1話、吉沢やすみがかつて受けたインタビューの中で、お気に入りとして挙げたエピソード、人気キャラクターが初登場したときのエピソード、アニメ版で人気が高かったエピソードなど全17作品を収録。

中でも「思い出の石の巻」、1972年からのアニメ化では今だに伝説の回となっている「かんかんアキかんの巻」、ひろしのサングラスの秘密も描かれる「サングラスの君の巻」、数本描かれた時代劇版の一つ「ひろどんと京子姫の巻」のは、扉ページのレストアも含む、雑誌掲載時の巻頭カラーを再現して単行本に初収録。もう1本、「ああ、学友の巻」は2色カラーページで再現掲載される。

収録作品の一つ、「ハイキングらんらんの巻」は、山村に出かけたひろしやピョン吉たちが、野口五郎(のろごろう)、森日日子、一大地真理という名前で人々をだます、人気歌手のニセモノに遭遇するエピソード。漫画が描かれた70年代の芸能カルチャー的な要素も登場するのは見逃せないポイントだ。

さらに本編では選ばれなかった、京子ちゃん、みさ子ちゃん、猫のマリヤの初登場エピソードを紹介する企画ページや収録作品の解説も掲載。本書の企画、収録作品セレクト、解説執筆は、これまでアニメ版『ど根性ガエル』のサントラCDを作り、Blu-ray BOXのブックレット編集、DVDブックの企画制作のほか、雑誌記事などで原作者取材も行っている高島幹雄。

復刊ドットコムのサイトで購入した人には先着でそれぞれに原画1ページ分を用いたポストカードセットが進呈。
抽選で30人に吉沢やすみの直筆サイン入りで書籍が届くお楽しみもある。

(c)吉沢やすみ/オフィス安井

収録作品「ハイキングらんらんの巻」より (c)吉沢やすみ/オフィス安井

復刊ドットコム
『ど根性ガエル 傑作セレクション』(吉沢やすみ)
https://www.fukkan.com/fk/CartSearchDetail?i_no=68328485

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全9枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP