過激BLマンガ実写化映画『性の劇薬』の公開日が2020年2月14日に決定、限定特典付き前売券の発売も

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『性の劇薬』場面(1) (c)2019フューチャーコミックス
画像を拡大して見る

累計100万ダウンロード超を誇る電子BLコミックを実写化する映画『性の劇薬』の劇場公開日が2020年2月14日に決定し、バレンタインデーを皮切りに順次公開されることが発表に。また、2019年11月15日より前売券(先着・限定特典あり)の発売がスタートすることも明らかになった。

原作は、過激さNo.1との呼び声も高く、めちゃコミックBLランキングで1位を獲得するなど話題の、水田ゆきによる同名コミック。監禁・SM・調教を通して、命を捨てようとした男が“生”を植え付けられ、再生していくという衝撃的なストーリーとなっている。

R-18となる実写映画では、主演キャストを北代高士と渡邊将が務め、城定秀夫監督(『私の奴隷になりなさい』シリーズ、『新宿パンチ』[2018年]など)がメガホンをとる。監督の演出のもと、惹かれ合っていく男性同士の心情や、原作の大きな魅力である過激なベッドシーンが、濃厚かつ美しく描かれる。

このたび情報が解禁となった前売券(先着・限定特典あり)は、公開予定の各劇場、アニメイト(WEBと指定店舗)、メイジャー、DMM.comにて、11月15日より発売される。先着・限定特典は、『性の劇薬』オトナの美術品缶バッジ2個セット。詳細については映画公式サイトや下記情報を参照されたい。

また、映画のメイキング動画も配信されているので、気になる人はチェックをお忘れなく。

■BL実写映画「性の劇薬」 2020年2月公開(メイキング)

■映画『性の劇薬』

2020年2月14日より池袋シネマ・ロサ他にて全国順次公開

原作:水田ゆき『性の劇薬』(ボーイズファン刊)
監督・脚本:城定秀夫
キャスト:北代高士、渡邊将、長野こうへい、階戸瑠李 他
本編尺:89分
宣伝・配給:フューチャーコミックス

<公開劇場>
東京都:池袋シネマ・ロサ 2020年2月14日〜/アップリンク吉祥寺 2020年2月28日〜
長野県:佐久アムシネマ 2020年2月14日〜
愛知県:名古屋シネマスコーレ 2020年2月22日〜
京都府:京都みなみ会館 2020年2月28日〜
大阪府:シアターセブン 2020年2月22日〜
兵庫県:神戸・元町映画館 2020年2月29日〜
新潟県:シネ・ウインド 2020年早春予定・公開日調整中
※公開劇場は今後も順次拡大予定

<映画前売券先着・限定特典>
映画前売券購入者に、先着・限定で「性の劇薬」オトナの美術品缶バッジ2個セットがその場で貰える(通販でのご購入の場合は前売券と特典をあわせて発送となります)。
【内容】
「性の劇薬」タイトルロゴの缶バッジ1個と、実際に劇中で使用されたSM道具8種の缶バッジのうちランダムに1個が同梱(計2個)。
映画前売券は11月15日より、公開予定の各劇場、アニメイト(WEBと指定店舗)、メイジャー、DMM.comにて発売。詳しくは「性の劇薬」公式サイトまで。
※特典の指定はできません。
※各販売店、各WEBストアごとの限定数に達し次第、特典は終了となります。

公式サイト⇒http://seino-gekiyaku.com

(C)2019フューチャーコミックス

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全15枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP