「ストロボエッジ」1巻が無料で読める、咲坂伊緒キャンペーン実施中

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

.

「ストロボ・エッジ 1巻」咲坂伊緒(集英社刊)
画像を拡大して見る

「アオハライド」「ストロボ・エッジ」の咲坂伊緒先生の最新作「思い、思われ、ふり、ふられ」の第1巻が配信開始となることを記念して1月25日(月)〜2月8日(月)まで15日間、「咲坂伊緒キャンペーン」を開催中です。

「咲坂伊緒キャンペーン」では、咲坂伊緒先生の代表作である「アオハライド」「ストロボ・エッジ」それぞれ第1巻の期間限定無料配信が行われます。「思い、思われ、ふり、ふられ」冒頭第1話を収録した特別編集版です。

「ストロボ・エッジ」とは

主人公は、木下 仁菜子(きのした になこ)高校生。
八百屋のおっちゃんに、「リンゴがおいしい」と言われれば、おいしいと思ってリンゴを買ってしまうような、人に言われたことを、そうだと思ってしまう主体性の無い女の子。なので、仁菜子は友達から中学から仲の良かった男の子との関係を「恋」だと言われれば、そうかなと思ってしまうところもある。そんな自主性の無い仁菜子だが、ある日、学内で人気だが誰とも付き合おうとしないクールでイケメンの男子、一ノ瀬 蓮(いちのせ れん)と同じ電車に乗り合わせる。

一ノ瀬は、電車から下りる間際、仁菜子とぶつかってしまい、仁菜子の携帯電話とストラップを壊してしまう。
翌日、一ノ瀬は仁菜子に対し、新しい携帯ストラップをプレゼントする。
仁菜子は一ノ瀬からのプレゼントに素直に嬉しいと感じる。別の日、仁菜子は、再び、電車で一ノ瀬と出会う。仁菜子は、座って寝ていた一ノ瀬と隣に座る。目を覚ました一ノ瀬は仁菜子に対し、「あのストラップ別にムリに付けなくていーから……」「あんなもん……」と話す。すると、仁菜子は「『あんなもん』なんかじゃないっ」と、主体性のなかった仁菜子が一ノ瀬に対して自分の気持ちを吐露する。そして、仁菜子は、胸の苦しさを感じるようになる。

「ストロボ・エッジ」映像作品

ストロボエッジは、2015年3月に福士蒼汰さん、有村架純さんらを起用した実写映画が公開され、興行収入23億円超の人気作品となった。

映画「ストロボエッジ」公式HP(http://www.strobe-movie.com/)

>「ストロボ・エッジ【期間限定無料】」作品ページへ
※期間終了後はエラーページに遷移します

思い、思われ、ふり、ふられ

【雑誌掲載時の著者カラー原画を収録したリマスター版!】夢みがちな由奈と、現実的に恋する朱里。正反対の...

試し読み

459円/巻

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP