三国志 5巻 吉川英治

三国志 5巻

著者
吉川英治
出版社
ゴマブックス
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2020年12月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

三国志 5巻のあらすじ

《孔明の巻》 関羽千里行~三顧の礼・隆中対。  軍神の噂を聞き、孔明のもとへやってきた劉備。しかし孔明は庵にはいなかった。 だが劉備はあきらめず、二度三度と足を運んだ。そしてとうとう孔明は劉備の情熱を認め、蜀軍に下る事を了承した。 <目次> ●関羽千里行 ●五関突破 ●のら息子 ●古城窟 ●兄弟再会 ●于吉仙人 ●孫権立つ ●霹靂車 ●溯巻く黄河 ●十面埋伏 ●泥魚 ●自壊闘争 ●邯鄲 ●野に真人あり ●遼西・遼東 ●食客 ●檀渓を跳ぶ ●琴を弾く高士 ●吟嘯浪士 ●軍師の鞭 ●除庶とその母 ●立つ鳥の声 ●諸葛氏一家 ●臥龍の岡 ●孔明を訪う ●雪千丈 ●立春大吉

330円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

三国志 5巻のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

三国志 5巻を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP