木蓮荘綺譚 伊集院大介の不思議な旅 栗本薫

木蓮荘綺譚 伊集院大介の不思議な旅

著者
栗本薫
出版社
講談社(文芸)
ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2021年02月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木蓮荘綺譚 伊集院大介の不思議な旅のあらすじ

木蓮の匂う屋敷の品のいい老婦人と、伊集院大介は知り合う。彼女がピアノ教師をしていた二十年前、神隠しに遭ったように帰り道に消えた幼い女の子。瀟洒な住宅街では、三件の幼児失踪・殺害事件が今なお暗い影を落としていた。閉ざされた館の人形が心優しき名探偵を誘う。伊集院大介シリーズ、最後の長編。(講談社文庫)

712円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

木蓮荘綺譚 伊集院大介の不思議な旅のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP