セカイからもっと近くに 現実から切り離された文学の諸問題 東浩紀

セカイからもっと近くに 現実から切り離された文学の諸問題

著者
東浩紀
出版社
東京創元社
ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2015年10月07日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

セカイからもっと近くに 現実から切り離された文学の諸問題のあらすじ

想像力と現実が切り離されてしまった時代に、文学には何ができるだろう。ライトノベル・ミステリ・アニメ・SF、異なるジャンルの作家たちは、遠く離れてしまった創作と現実をどのように繋ぎあわせようとしていたのだろうか。新井素子、法月綸太郎、押井守、小松左京――四人の作家がそれぞれの方法で試みた、虚構と現実の再縫合。彼らの作品に残された現実の痕跡を辿りながら、文学の可能性を探究する。著者最初にして最後の、まったく新しい文芸評論。

1,152円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

セカイからもっと近くに 現実から切り離された文学の諸問題のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

セカイからもっと近くに 現実から切り離された文学の諸問題を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP