【合本版】漂砂の塔(上下巻) 大沢在昌

【合本版】漂砂の塔(上下巻)

著者
大沢在昌
出版社
集英社
ジャンル
文芸 小説 ミステリ
配信日
2021年06月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

【合本版】漂砂の塔(上下巻)のあらすじ

雪と氷に閉ざされた北方領土の離島・春勇留(はるゆり)島、ロシア名はオロボ島。日中露合弁のレアアース生産会社の日本人技術者が、両目を抉り取られた死体となって発見された。国際問題に発展しかねない重要事件として、捜査権が及ばないこの島に送られたのは、ロシア系クォーターで語学が堪能な警視庁の石上だった。極限状態で信じられるのは誰なのか。三ヵ国の思惑が交錯し、果てしなき欲望が渦巻く! 一気読み必至の超弩級冒険小説。上下巻を1冊にまとめた合本版。

1,683円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

【合本版】漂砂の塔(上下巻)のユーザーレビュー

【合本版】漂砂の塔(上下巻)を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP