幻想古書店で珈琲を 番外編 賢者からの贈り物 蒼月海里

幻想古書店で珈琲を 番外編 賢者からの贈り物

ジャンル
文芸 小説 SF・ファンタジー ライトノベル
配信日
2021年04月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

幻想古書店で珈琲を 番外編 賢者からの贈り物のあらすじ

本や人との「縁」で紡がれた不思議な古書店『止まり木』。この店で働く名取司は、自分の小説を出版するため、懸命に執筆を続けていた。そのひたむきな姿に触発され、古書店の店主であり、魔神の亜門は本の出版というものに興味を抱き、ある場所へと向かった──。(「第一話 亜門、初めての同人誌即売会」より)。人気キャラクターが織りなす、笑えて、心がほっこり温まる五つのストーリー。幻想古書店シリーズ、ファン待望の番外編、はじまり、はじまり~!!

528円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

幻想古書店で珈琲を 番外編 賢者からの贈り物のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP