黄昏 新・剣客太平記(六) 岡本さとる

黄昏 新・剣客太平記(六)

ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2021年04月15日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

黄昏 新・剣客太平記(六)のあらすじ

直心影流狭道場の師範代・神森新吾は、三十路を迎え、将来を真剣に考えるゆえの壁にぶち当たっていた。ある日、道場に向かう道すがら武家奉公人・新平が浪人三人に絡まれているところに遭遇した新吾は、浪人達に師・竜蔵譲りの啖呵を切って仲裁した。これをきっかけに新吾と新平は急速に親しくなる。そんな折、竜蔵の弟子が新平の住まいの近所で流れる不思議な噂を耳にして……。愛弟子のさらなる剣技と人生の熟成を願う師範の、想いやり溢れる目の配り方とは? 大人気爽快剣豪小説。

660円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

黄昏 新・剣客太平記(六)のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP