吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日 森 光子

吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日

著者
森 光子
出版社
朝日新聞出版
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2021年03月22日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日のあらすじ

「もう泣くまい。悲しむまい。復讐の第一歩として、人知れず日記を書こう。それは今の慰めの唯一であると共に、又彼等への復讐の宣言である――」。親の借金のために吉原へ売られた少女・光子が綴った、花魁・春駒として日々、そして脱出までの真実の記録。大正15年に柳原白蓮の序文で刊行され、娼妓の世界に、また当時の社会に波紋を呼んだ告発の書。

669円 6ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

吉原花魁日記 光明に芽ぐむ日のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP