荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版 佐伯泰英

荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版

著者
佐伯泰英
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 歴史・時代
配信日
2021年04月06日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版のあらすじ

身分違いの恋に悩むふたり……磐音、いざ助太刀! 豊後関前藩を後に、商人箱崎屋次郎平の招きで博多を訪れた坂崎磐音とおこん。 玄界灘に臨む荒戸の浜を見物した際、武芸者に囲まれた若侍と武家の娘を助ける。 のっぴきならない様子のふたり。どうやら人には言えない秘密を抱えているようで……。 一方、こちらは江戸・本所。磐音の友・品川柳次郎が悩んでいる。 放蕩に耽る父と兄の責で、お家廃絶の危機に瀕しているのだ。 もはやこれまでと諦めかけたそのとき、思わぬ人と再会する。 柳次郎は、この危機を乗り越えられるのか?

799円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

荒海ノ津 居眠り磐音(二十二)決定版のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP