妻は見えるひとでした 小野寺S一貴

妻は見えるひとでした

著者
小野寺S一貴
出版社
扶桑社
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妻は見えるひとでしたのあらすじ

神様、世界はこんなにも素晴らしい! 幼いころから、その能力のために苦悩してきた妻のワカ。 しかし、そんな妻を救ったのも、その能力でした。 これは実話を基にした再生の物語。 【本書の内容】 プロローグ 第1章:いろいろ目覚めた幼少期 第2章:出会いと結婚と、そして見えない世界への入り口へ 第3章:えっ守護霊? 第4章:霊にもいろいろありまして 第5章:怪しくも賑やかな……妖怪?精霊? 第6章:日本の神様は多種多様1 第7章:日本の神様は多種多様2 第8章:僕たちが経験した不思議な話 第9章:一緒に苦しみを越えた大切な「馬」という存在

1,650円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

妻は見えるひとでしたのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

妻は見えるひとでしたを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP