寝苦しい夜の猫 山内健司

寝苦しい夜の猫

著者
山内健司
出版社
扶桑社
ジャンル
ノンフィクション
配信日
2020年12月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

寝苦しい夜の猫のあらすじ

2019年、M-1決勝の前夜 山内は、思わず愛猫にゃんじを抱きしめた 2019年12月22日のM-1決勝戦の前夜、 山内は、翌日披露するであろうネタを、一人でひたすら繰り返した。 不安で胸がはちきれそうな山内の様子は、愛猫たちだけが知っていた――。 お笑いコンビ『かまいたち』の山内健司による初の著書。 この本は山内の飼い猫“にゃんじ"が見聞きした様子を綴ったエッセイである。 【内容紹介】 「波乱含みの予感を胸に、最後のM-1決戦を待つ夜」 「失恋ソングの作詞に明け暮れた、思春期の夜」 「ある夜、とてつもなく変わっていた実家について考えてみた」 「“おもろい山内くん"と決別した高校時代の夜」 「モテ期到来!? ワンナイトラブなんかもしちゃった山内くん」 「やっと見つけた相方に、その夜、即行別れを告げた」 「かまいたち結成。“鎌鼬"の漢字を密かに練習した夜」 「その夜、僕は手取り450円を握りしめてパチスロに向かった」…など。

1,430円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

寝苦しい夜の猫のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

寝苦しい夜の猫を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP