神の子どもたちはみな踊る(新潮文庫) 村上春樹

神の子どもたちはみな踊る(新潮文庫)

著者
村上春樹
出版社
新潮社
ジャンル
文芸 小説
配信日
2020年12月18日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

神の子どもたちはみな踊る(新潮文庫)のあらすじ

1995年1月、地震はすべてを一瞬のうちに壊滅させた。そして2月、流木が燃える冬の海岸で、あるいは、小箱を携えた男が向かった釧路で、かえるくんが地底でみみずくんと闘う東京で、世界はしずかに共振をはじめる……。大地は裂けた。神は、いないのかもしれない。でも、おそらく、あの震災のずっと前から、ぼくたちは内なる廃墟を抱えていた――。深い闇の中に光を放つ6つの黙示録。

572円 5ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応 × 非対応

神の子どもたちはみな踊る(新潮文庫)のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

神の子どもたちはみな踊る(新潮文庫)を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP