襲大鳳(下)――羽州ぼろ鳶組 今村翔吾

襲大鳳(下)――羽州ぼろ鳶組

著者
今村翔吾
出版社
祥伝社
ジャンル
文芸 小説 歴史・時代
配信日
2020年12月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

襲大鳳(下)――羽州ぼろ鳶組のあらすじ

強く澄んだ眼差しは、火消のそれだった――。新庄藩火消頭“火喰鳥”松永源吾は、尾張藩中屋敷を襲う猛火の中、もう一人の鳳と邂逅を果たす。火事が特定の人物を狙った謀殺と看破した源吾だったが、背後には巨悪の影がちらつく。ぼろ鳶組の面々、同期の火消たち、そして妻深雪と子平志郎との絆が、源吾を一個の火消たらしめる。技を、想いを、火消の意志を繋げ!

792円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

襲大鳳(下)――羽州ぼろ鳶組のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP