腎臓病 低たんぱく質の肉魚おかず 女子栄養大学栄養クリニック/みないきぬこ

腎臓病 低たんぱく質の肉魚おかず

ジャンル
暮らし・生活 料理 健康
配信日
2020年11月20日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

腎臓病 低たんぱく質の肉魚おかずのあらすじ

※この電子書籍は固定レイアウト型で配信されております。固定レイアウト型は文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。 腎臓病の患者さんは、「一日のたんぱく質量を40gにしてください、塩分を6g以下に制限してください」と栄養指導されても、日ごろどのくらいたんぱく質や食塩をとっているか、把握している人はほとんどおらず、食事づくりに苦労しています。 この本を活用すれば、たんぱく質源(肉や魚)を4回分まとめ作りすることで、料理のたびに食材を分量どおりそろえる手間が減り、また、たんぱく質量もコントロールしやすくなり、食事づくりの負担を軽減することができます。 まとめ作りでいいことずくめ! ●まとめ作りで調理の手間が軽減される。 ●4回分を作るほうが作りやすい。 ●毎回、肉や魚を計量しなくてよい。 ●たんぱく質のコントロールがしやすい。 などなど… 肉のまとめ作りとおかず 【鶏もも肉のしょうが漬け】 ・鶏肉のから揚げ ・鶏肉のごまみそ焼き など 【ミートソース】 ・キャロットのミートソースいため ・春菊と長ねぎのミートサラダ など 魚のまとめ作りとおかず 【サケのみりん漬け】 ・焼きザケ 焼き野菜添え ・サケのちゃんちゃん焼き など

1,540円 15ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

腎臓病 低たんぱく質の肉魚おかずのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP