コロナパンデミックは、本当か? コロナ騒動の真相を探る スチャリット・バクディ/カリーナ・ライス/大橋眞/鄭基成

コロナパンデミックは、本当か? コロナ騒動の真相を探る

ジャンル
社会・政治
配信日
2020年11月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コロナパンデミックは、本当か? コロナ騒動の真相を探るのあらすじ

科学的事実に基づいて、コロナ現象の真相を解き明かす、待望の好著。反ロックダウン運動のバイブル。 本書は、「新型コロナ」にまつわる多くの科学的な疑問について、明解な答えを出している。主要な論旨は:(1)新型コロナウイルスは、強毒のキラーウイルスではない。(2)ヨーロッパでロックダウン措置が取られたとき、感染の波は終息していた。(3)信頼できないPCR検査が感染者を増やしている。(4)コロナよりも、ロックダウンなどによる市民生活の制限によって引き起こされる経済的・心理的被害の方がはるかに大きい。(5)ワクチンより自然の免疫システムの働きが重要。(6)政治もメディアも完全に機能不全に陥った。(7)子供たちの未来のために、生活を正常に戻すべきだ。 【著者】 スチャリット・バクディ 微生物及び感染症・疫病学博士、22年間にわたり、ヨハネス・グーテンベルク・大学、マインツの病理微生物及び衛生学研究所主任教授として、医療、教鞭、研究に従事。免疫学、細菌学、ウイルス学及び心臓-循環器疾患の分野で、300以上の論文を執筆。数々の賞の他にライラント・ファルツ州から、長年の功績に対して功労賞が授与された。 カリーナ・ライス 細胞生物学博士、キール大学皮膚科学クリニック教授。15年来、生化学、感染症、細胞生物学、医学に従事。60以上の国際的専門誌への投稿があり、そのうちのいくつかで国際的賞を受賞している。 大橋眞 京都大学薬学部卒、医学博士、徳島大学名誉教授、モンゴル国立医科大学客員教授 専門は感染症、免疫学。マラリア・住血吸虫症などの感染症をモデルとした免疫病理学や診断法開発、自己免疫疾患に対するワクチン研究を専門としながら、市民参加の対話型大学教養教育モデルを研究してきた。開発途上国における医療の課題解決にも取り組んでいる。 鄭基成 翻訳家。上智大学外国語学部ドイツ語学科、同大学院博士課程単位取得退学、ドイツルール大学ボーフムにて言語学学術博士号取得、上智大学講師、茨城大学教授、同大学名誉教授。

1,320円 13ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

コロナパンデミックは、本当か? コロナ騒動の真相を探るのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

コロナパンデミックは、本当か? コロナ騒動の真相を探るを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP