さんぎゃ橋を越えて 若林九里

さんぎゃ橋を越えて

著者
若林九里
出版社
柏艪舎
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2020年11月27日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

さんぎゃ橋を越えてのあらすじ

終戦直後の北海道に生きる少女・桂子と、彼女を軸に織り成される素朴で美しい日々。雪深い開拓地に暮らす苦しみ、親友との別れ。徴兵された父や叔父たち、それを見送った開拓一世の祖父母。戦争に巻き込まれる人々の悲哀が、純真な少女の目を通して語られる。

1,430円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

さんぎゃ橋を越えてのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

さんぎゃ橋を越えての最新書籍ニュース

2015年07月20日 更新

PAGE
TOP