シリーズ・戦後思想のエッセンス  三島由紀夫 なぜ、死んでみせねばならなかったのか 浜崎洋介(著)

シリーズ・戦後思想のエッセンス  三島由紀夫 なぜ、死んでみせねばならなかったのか

著者
浜崎洋介(著)
出版社
NHK出版
ジャンル
人文・社会科学 人文・社会科学 その他
配信日
2020年10月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

シリーズ・戦後思想のエッセンス  三島由紀夫 なぜ、死んでみせねばならなかったのかのあらすじ

戦後日本社会のスーパースター、ノーベル文学賞候補にもなっていた天才はなぜセンセーショナルな最期を迎えたのか? 従来、作品に三島の天稟を認め心酔する読者も、1960年代からの彼が見せていた右翼的行動とその劇的な自決に対しては評価を保留する傾向――いわば作品と作家(思想)を分離する傾向があった。しかしもうこの分離は必要ない。彼の「言葉」が「行動」を求めたのは必然だったのだ。本書は、三島自身が「これがわかれば僕の全部がわかる」とした作品論『太陽と鉄』に基づいて作家履歴を3つに分けて読み解き、天才少年が肉体右翼として自決に至るまでを必然的な1本の筋道として描く、万人向けの入門書である。

990円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

シリーズ・戦後思想のエッセンス  三島由紀夫 なぜ、死んでみせねばならなかったのかのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP