ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3 著者:衣笠彰梧/イラスト:トモセ シュンサク

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3

ジャンル
ライトノベル
配信日
2020年10月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3のあらすじ

常夏の無人島を舞台に、全学年で得点を競い合うサバイバル試験がついに開始された。得点を得る方法は2つ。毎日一定時間ごとに指示される指定エリアを訪れることと、無人島内に設置された課題を条件通りにこなすこと。グループ人数が多いほど有利かつ、退学の可能性も減る試験内容。2週間という長丁場かつ、水や食料の補給も考える必要のある過酷な試験。さらに月城理事長代理は学生同士の小競り合いを試験中は容認するらしい。そんな中単独行動で状況を窺う綾小路だが、1年Dクラスの七瀬翼が同行を申し出る。メリットのない奇怪な行動だが七瀬の出方を知るため綾小路はそれを受諾。2人組での無人島走破が始まる!

704円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

ようこそ実力至上主義の教室へ 2年生編3を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP