妖の掟 誉田哲也

妖の掟

著者
誉田哲也
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 小説 SF・ファンタジー
配信日
2020年05月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

妖の掟のあらすじ

闇社会の抗争に跳梁する、美しくも凶暴な不死の者たち 誉田哲也が描く、ダークヒロイン物語の真骨頂! 人の世の裏側で時を超えて生きる美女・紅鈴と、彼女に恋人のように弟のように寄り添う欣治。 ある夜、二人はヤクザの暴行から気まぐれで助けた圭一の部屋に転がり込む。 暗闇を好む紅鈴たちの暮らしぶりに戸惑いつつも、ヤクザの情報屋として殺伐とした日々を送ってきた圭一は奇妙な共同生活を楽しんでいた――組長三人殺しという難題を押しつけられるまでは。 「その一件、俺たちが綺麗に片つけてやる。なあ、紅鈴」 「面白そうじゃん。生身の人間には不可能な殺し方をすればいいんだから。チョロいもんさ」 東京を震撼させるヤクザの抗争に、二人の秘密を握る者たちまで絡んでの暗闘が始まる! 作家・誉田哲也の原点『妖の華』と対をなす『掟』がついに登場。 姫川玲子シリーズとのリンクもあり、ファンには嬉しい一作。

1,699円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

妖の掟のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

妖の掟を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP