細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯 著:安廷苑

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯

ジャンル
人文・社会科学 日本史 人文・社会科学 その他
配信日
2020年03月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯のあらすじ

明智光秀の娘として生まれ、細川忠興の妻として非業の死を遂げた細川ガラシャ。神父に宛てた書翰をはじめ、海の向こうのイエズス会史料にも、彼女の記録は遺されている。本書は、それらの史料をひもとき、ガラシャの生涯に新たな光をあてる、意欲的な試みである。父光秀の謀叛、秀吉によるバテレン追放令、関ヶ原の戦い直前に襲った悲劇。キリシタンでありながら最後に死を選択した、彼女の魂の真の軌跡に迫る。

880円 8ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯のユーザーレビュー

ユーザーレビューを書く

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

細川ガラシャ キリシタン史料から見た生涯の最新書籍ニュース

2020年07月09日 更新

PAGE
TOP