新訳 ドリトル先生航海記 著者:ヒュー・ロフティング/訳:河合 祥一郎

新訳 ドリトル先生航海記

ジャンル
文芸 文芸 その他
配信日
2021年06月04日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

新訳 ドリトル先生航海記のあらすじ

やったぜ! 映画化!! 『ドクター・ドリトル』2020年3月20日全国ロードショー!! 第2回ニューベリー賞受賞。巨大カタツムリも登場する第2弾! 【動物と話せるお医者さんのびっくりゆかいな大冒険!新訳&挿絵付】 装画・挿絵:ももろ ※本書は、既刊の角川つばさ文庫版の漢字表記や表現を大人向けに加筆修正し、全ての漢字にふられていたルビを最低限にまでへらしたものです。 ●あらすじ 動物と話せるお医者さん、ドリトル先生。博物学者でもある先生は、世界中を探検する。 今回は、海をぷかぷか流されていくクモザル島をめざす船の旅。 助手のトミー少年やおなじみの動物たちと、謎の大学者ロング・アローを捜すことに。 世にもめずらしいカブトムシも大発見!? 裁判でブルドッグの証言を通訳したり、巨大カタツムリと海底旅行したりと、ゆかいなお話が目白押し。 新訳シリーズ第2弾! ●この本に登場する人間と動物たち ・ドリトル先生 動物と話せるお医者さんで、博物学者。世界じゅうを旅している。 ・トミー・スタビンズ(ぼく) 靴屋の息子。年は9歳半。おうちが貧乏なので学校に通えない。 ・バンポ王子 アフリカの王子。イギリスのオックスフォード大学に留学中。 ・ポリネシア 物知りのおばあちゃんオウム。ドリトル先生に、動物のことばを教えた。 ・ジップ とんでもなく鼻がきくオス犬。先生のおうちの番犬。 ・ダブダブ おかあさんみたいに先生を世話するアヒル。いつも先生の心配ばかり。 ・チーチー アフリカからやってきたオスのサル。ドリトル先生の昔のお友だち。 ・ミランダ ムラサキ極楽鳥。おしゃれできれいなおねえさん。 ・ロング・アロー クモザル島に消えた、なぞの大博物学者。

770円

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

新訳 ドリトル先生航海記のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP