欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活 著者:石川 榮吉

欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活

著者
著者:石川 榮吉
出版社
KADOKAWA
ジャンル
文芸 エッセイ・随筆
配信日
2021年05月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活のあらすじ

ケンぺル、イザベラ・バード、モース、シーボルトほか、幕末・明治期に訪日した欧米人たちは豊富な記録を遺している。「日本には音楽が無い」「男女混浴は破廉恥」「刺身はうまい」「日本の枕はまるで拷問」――。彼・彼女らが好奇・蔑視・賛美などの視点で綴った滞在記や研究誌を広く集め、庶民たちの当時の暮らしを活写。著名な日本滞在記の読みどころも一冊でつかめる、人類学の巨人が「異文化理解」の本質に迫った比較文明論。

1,056円 10ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

欧米人の見た開国期日本 異文化としての庶民生活のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP