盲剣楼奇譚 島田荘司

盲剣楼奇譚

著者
島田荘司
出版社
文藝春秋
ジャンル
文芸 ミステリ
配信日
2019年08月28日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

盲剣楼奇譚のあらすじ

吉敷刑事が見た美剣士の幽霊画の秘密とは? 「吉敷竹史シリーズ」二十年振りの新作長篇! 江戸時代から続く金沢の芸者置屋・盲剣楼で、終戦直後の昭和二十年九月に血腥い大量斬殺事件が発生した。 軍人くずれの無頼の徒が楼を襲撃、出入り口も窓も封鎖されて密室状態となった中で乱暴狼藉の限りを尽くす五人の男たちを、一瞬にして斬り殺した謎の美剣士。 それは盲剣楼の庭先の祠に祀られた伝説の剣客“盲剣さま”だったのか? 七十余年を経て起きた誘拐事件をきっかけに、驚くべき真相が明かされる! 加賀百万石から終戦直後の混乱期、そして現在へと続く謎の連鎖。 怒涛の1300枚!

2,037円 20ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

盲剣楼奇譚のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP