官僚制と公文書 ──改竄、捏造、忖度の背景 新藤宗幸

官僚制と公文書 ──改竄、捏造、忖度の背景

著者
新藤宗幸
出版社
筑摩書房
ジャンル
社会・政治 ビジネス・経済 経済
配信日
2019年05月24日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

官僚制と公文書 ──改竄、捏造、忖度の背景のあらすじ

官僚や官僚機構の劣化は、眼を覆いたくなるほど凄まじい。歴史への責任をともなう公文書の改竄、数々の立法および行政上のエビデンス(根拠)の捏造。エリート官僚たちによって勤勉に偽装作業が繰り返されていた事実が、次々と発覚している。いつから日本の官僚機構は、これほどまでに壊れてしまったのか。人事をふくめた組織構造、意思決定、情報公開法や公文書管理法など、官僚統制のシステムを問いなおし、「官邸主導」の暴走をえぐる。

770円 7ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

官僚制と公文書 ──改竄、捏造、忖度の背景のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP