実歴阿房列車先生 平山三郎 著

実歴阿房列車先生

ジャンル
文芸 文芸 その他 ノンフィクション
配信日
2019年04月26日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

実歴阿房列車先生のあらすじ

貴君、僕は大阪へ行って来ようと思う――。一九五〇年秋、この一言から汽車に乗りたかった内田百間の『阿房列車』シリーズは始まった。以後、五年間にわたる全行程に同行した〈ヒマラヤ山系〉こと元国鉄職員の著者。百鬼園の旅と日常を豊富なエピソードを交えつつ綴った好エッセイ。

1,100円 11ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

実歴阿房列車先生のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

実歴阿房列車先生を見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP