いつも「自分」だけ責める人 ──被責妄想は「うつ」の前兆【期間限定価格("知識""教養"これ1冊! KADOKAWA新書フェア)】 加藤諦三

いつも「自分」だけ責める人 ──被責妄想は「うつ」の前兆【期間限定価格("知識""教養"これ1冊! KADOKAWA新書フェア)】

著者
加藤諦三
出版社
KADOKAWA
ジャンル
人文・社会科学 心理学
配信日
2021年05月14日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

いつも「自分」だけ責める人 ──被責妄想は「うつ」の前兆【期間限定価格("知識""教養"これ1冊! KADOKAWA新書フェア)】のあらすじ

好意から助言やねぎらいの言葉をかけたのに、腹を立てる人、喧嘩腰に身構える人がいる。「自分が責められている」と思い込んでしまう「被責妄想」の病理と改善策を、人間心理の専門家がやさしく解き明かす。

396円 3ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

いつも「自分」だけ責める人 ──被責妄想は「うつ」の前兆【期間限定価格("知識""教養"これ1冊! KADOKAWA新書フェア)】のユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP