深夜の街角で 美野晶(著)/妃耶八(イラスト)

深夜の街角で

ジャンル
文芸 恋愛・ロマンス
配信日
2017年11月17日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

深夜の街角でのあらすじ

栗元慶太は金属加工の工場で働いている。高校を卒業して東京に出てきてからはや3年。昔から内気でコミュニケーションが苦手だったから、都会でも孤独を抱えていた。寂しい時に思い出すのは、2つ年上の幼馴染み・松井清香のこと。すらりとした体型で背も高い清香は、脚が長すぎて普通のスカートでもミニになるらしく、制服も膝が完全に出ていた。大きな瞳に鼻筋も真っ直ぐで、地味目のショートカットでも目立つほどの美形だった。中学時代、勝ち気な彼女はいじめられていた慶太をよく助けてくれた。小さいの頃に結婚しようと約束したこともあり、慶太はほのかな恋心を抱いていた。しかし、慶太が中学3年の時に彼女は芸能事務所にスカウトされ、故郷を離れてしまう。見送りに行った時、キスをしたのが最後の別れだった。ある日、慶太は夜の繁華街で清香と再会する。彼女は芸能界の夢が破れ、キャバクラ嬢になっていた。2人は寂しさを埋め合うように求め合って……。

110円 1ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

深夜の街角でのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

深夜の街角でを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP