小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか 斎藤充功

小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのか

著者
斎藤充功
出版社
学研
ジャンル
社会・政治
配信日
2021年03月19日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのかのあらすじ

第2次世界大戦終結から29年目にフィリピンのルバング島から帰還した小野田寛郎は日本軍の極秘任務を帯びた情報将校だった。陸軍中野学校の関係者が語る小野田寛郎の実像と何か。鍵となるフィリピンに隠された金塊の謎に、未公開資料をもとに鋭く迫る。

1,680円 16ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのかのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

小野田寛郎は29年間、ルバング島で何をしていたのかを見ているユーザーはこの電子書籍も見ています

PAGE
TOP