マクドナルド化する世界経済 闇の支配者と「食糧・水資源戦争」のカラクリ ベンジャミン・フルフォード

マクドナルド化する世界経済 闇の支配者と「食糧・水資源戦争」のカラクリ

ジャンル
ノンフィクション 社会・政治 ビジネス・経済 経済
配信日
2018年10月01日
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

マクドナルド化する世界経済 闇の支配者と「食糧・水資源戦争」のカラクリのあらすじ

TPPで日本人の「いのち」が危ない!食物メジャーが画策する「人類総家畜化」の真実とは?― いま、世界の117の国と地域に「マクドナルド」が存在する。「マクドナルド」が象徴するのは、たんなる「グローバリズム」ではない。「食糧メジャー」の「支配」のシンボルなのだ。本書の目的は、マクドナルドという一企業の批判でなく、マクドナルドに象徴される巨大企業の食支配、そしてその影響を受けたビジネスモデルについて言及することにある。もしマクドナルドのハンバーガーが「餌」とすれば、どうだろうか。それを食べ続ける人たちもまた「家畜」となってしまうだろう。それが、いま起こっている「現実」なのである。(「はじめに」より)

1,485円 14ポイント還元

プレミアム会員なら、さらにポイント還元!

対応デバイス

iPhone iPad Android タブレット PC ケータイ
○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 ○ 対応 × 非対応

マクドナルド化する世界経済 闇の支配者と「食糧・水資源戦争」のカラクリのユーザーレビュー

※レビュー内容は全角4文字以上、500文字以内にしてください。

文字数が不足しています。全角4文字以上で入力してください。

文字数が上限を超えております。全角500文字以内で入力してください。

規約を読む

PAGE
TOP