ママヌマ~ママになったら沼でした

購入した作品の読み方

あらすじ

産前、SNSで「子育て」と検索すると、辛い・苦しい話ばかりが目につき育児に恐怖を感じていた著者。
実際に子を持ってみて、初めて知った感情や嬉しい感動を、ユーモアあふれすぎる文章と等身大の視点でつづる。
子に振り回され、子のかわいさに癒される「地産地消」の日々を描く、抱腹絶倒必至のエッセイ!

――こんな私が、母になれるのだろうか。
 そもそも家事も苦手で、自炊なんてほとんどしないし、裁縫だっていつも取り返しがつかなくなって
 途中からセロハンテープを駆使してしまうような人間である。しかも、子どもが特別好きというわけでもない。
 「子どもたちを笑顔に!」という標語を見ても「私も笑顔にしてほしいのだが?」としか思わないくらいだった。

 でも、いざ産まれたら……他人・子どもに興味ゼロだったのに…わが子、無限に推せる!!!
 怒涛の毎日に体力的、精神的にしんどくなるときもあるけど、
 息子の圧倒的かわいさ&成長の喜びという極上のインセンティブによって、どうにかこうにか頑張れてしまう。
 息子のおしっこを浴びても、ちょっとした通り雨を浴びたくらいの、さわやかな気持ちにすらなる。

 子どもを育てるのがこんなに刺激的で面白いだなんて、赤ちゃんがこんなにかわいいだなんて、
 誰か、事前に教えてほしかった。
 もう産前の生活には戻れない。 この状況一言で表すならば、一度入ったら抜けられない「沼」……!

 30年ちょっと生きてきて、自分のことを全部知ったつもりになっていたが、まだ未開封のままの感情があったなんて。
 人生のA面からB面への隠し通路を見つけたような気分だ。
<本文より一部抜粋・編集>

読んだらきっと、自分と世界がちょっと愛おしくなる。
現役お母さん・お父さん、プレママ・プレパパはもちろん、
“かつて赤ちゃんだった”すべての人に読んでいただきたい内容です! ぜひ、必ず最後までお読みください!