ケルムスコット・プレス設立趣意覚書

購入した作品の読み方

あらすじ

ウィリアム・モリスが1891年に設立したケルムスコット・プレス最後の刊行物に収録された、プレス設立の趣意と書物哲学が語られたエッセイを新訳で。用紙、タイポグラフィ、レイアウトなどの制作手法が具体的に解説され、理想とする書物制作の実践書ともいえる内容になっています。また、美しい書物づくりの裏側にある豊かな教養とこだわり、そして歴史への畏敬を感じられ、書物に愛情を注いで向き合ったモリスの人生が凝縮された書物論でもあります。時代を越える書物を愛したモリスの、現代にも届く情熱が感じられる古典です。