異世界食堂 6【期間限定価格】

購入した作品の読み方

あらすじ

TVアニメ第2期が大好評放送中(2021年12月迄)。飯テロラノベの大本命、待望の第6巻! コミックス1巻も絶賛発売中!



TVアニメ第2期が大好評放送中(2021年12月迄)。飯テロラノベの大本命、待望の第6巻! コミックス1巻も絶賛発売中!



オムニバス形式のエピソード集としてお届けする待望の第6巻。

時に森の中に、時に海岸に、時に廃墟に……その扉は現れる。

猫の絵が描かれた樫の木の扉は、

「こちらの世界」と「あちらの世界」をつないでいる。

扉を開けて中へ入ると、そこは不思議な料理屋。

「洋食のねこや」。

「こちらの世界」では、どこにでもありそうだけど意外となくて、

生活圏に一軒欲しい小粋な洋食屋として、創業五十年、

オフィス街で働く人々の胃袋を満たし続けてきた。

グルメの井之頭某が孤独にメンチカツを頬張っていそうな、

高級すぎず安っぽくもなくイイあんばいの店内は、

昼時ともなるとサラリーマンで溢れかえる。

「あちらの世界」では、「異世界の料理が食べられる店」として、

三十年ほど前から、王族が、魔術師が、エルフが、

究極の味を求めて訪れるようになった。

週に一度だけ現れる扉を開けてやってくるお客が求めるのは、

垂涎の一品と、心の平穏。  

美味いだけではないその料理には、人々を虜にしてしまう、

不思議な魔力が宿っている。

誰が呼んだか「異世界食堂」。

チリンチリン――。

今日もまた、土曜日に扉の鈴が鳴る。





犬塚 惇平(イヌヅカジュンペイ):九州在住。本作にてデビュー。



エナミ カツミ:イラストレーター。多くのライトノベルやゲームのキャラクターデザインを担当。代表作に「バッカーノ! 」など。