芥川賞作家・羽田圭介の新刊『Phantom』発売記念「1on1オンライン個別サイン会」開催決定!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

羽田圭介さん新刊『Phantom』発売記念「1on1オンライン個別サイン会」開催決定! (1)
画像を拡大して見る

株式会社文藝春秋は芥川賞作家・羽田圭介さんの新刊『Phantom』発売を記念して、「1on1オンライン個別サイン会」を開催します。

緊急事態宣言を受けてサイン会やトークイベントの開催が難しい中ですが、羽田さんが読者の皆様とお話する機会を熱望。今回の企画「1on1オンライン個別サイン会」が生まれました。文藝春秋、羽田さんともに初の試みとなります。

 今回はビデオ通話アプリ「talkport」を使用し、羽田さんが参加者と1対1のビデオ通話をしながら書籍『Phantom』にサインを行い、終了後参加者ご登録のご住所へお届けします。
talkport : https://talkport.com/

羽田圭介さんコメント
 サイン会としては2年ぶり、全国のお客様ともお話しできるオンラインサイン会としては、自身初めての試みです。いつも以上にお話に集中できそうなので、ぜひご参加ください!

◆開催概要
日時 2021年8月12日(木)18:00〜/19:00〜
定員 100名
場所 「talkport」アプリを使用した1on1オンライン個別サイン会
参加費 2,300円(書籍代1,540円+配送料760円、税込)
申込期間 2021年7月30日(金)〜
※イベント開始5分前までお申込み可能ですが、お申込みは先着順となります。
※お申込みにあたっては「talkport」の会員登録が必要となります。
 また開始時刻までに「talkport」アプリのダウンロードをお願いいたします。
主催 文藝春秋
イベントお申込みページはこちら https://talkport.com/ja/7c6e86e0

Phantom』作品概要


 外資系食料品メーカーの事務職として働く元地下アイドルの華美は、生活費を切り詰め株に投資することで、給与収入と同じ配当を生む分身(システム)の構築を目論んでいる。
 恋人の直幸は「使わないお金は死んでいる」と華美を笑うが、とある人物率いるオンラインコミュニティ活動にのめり込んでゆく。そのアップデートされた物々交換の世界は、マネーゲームに明け暮れる現代の金融システムを乗り越えゆくのだ、と。
 やがて会員たちと集団生活を始めた直幸を取り戻すべく、華美は《分身》の力を使おうとするのだが……。
 金に近づけば、死に近づく。高度に発達した資本主義、その欠陥を衝くように生まれる新たな幻影。羽田圭介の新たな代表作。

◆著者略歴
羽田圭介 (はだ けいすけ)
1985年、東京都生れ。明治大学商学部卒業。2003年、「黒冷水」で文藝賞を受賞しデビュー。2015年、「スクラップ・アンド・ビルド」で芥川賞受賞。他の著書に、『走ル』『ミート・ザ・ビート』『盗まれた顔』『メタモルフォシス』『コンテクスト・オブ・ザ・デッド』『成功者K』『ポルシェ太郎』などがある。

『Phantom書誌情報
書名:『Phantom』
著者:羽田圭介
初出:「文學界」2021年5月号掲載
発売:2021年7月14日
定価:1,540円(税込)
ISBN: 978-4-16-391397-1
https://books.bunshun.jp/ud/book/num/9784163913971

  • 1

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP