Aマッソ加納、創刊74年の老舗小説誌『小説新潮』でエッセイ連載スタート!第一回は大阪の“おっちゃんたち”の思い出を綴る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

Aマッソ加納、創刊74年の老舗小説誌『小説新潮』でエッセイ連載スタート! (1)
画像を拡大して見る

お笑いコンビ、Aマッソの加納愛子さんのエッセイ新連載「行儀は悪いが天気は良い」が、老舗小説誌「小説新潮」8月号よりスタートします。

加納さんは、昨年11月にエッセイデビュー作「イルカも泳ぐわい。」(筑摩書房)を出版。帯には岸本佐知子さん、朝井リョウさんから絶賛のコメントが掲載され、発売即日に重版。その後も評判を呼んでいます。また、今年に入ってからは文芸誌での小説の発表も相次ぐなど、お笑い業界以外からも注目を集める書き手のお一人です。

お笑いコンビ、Aマッソの加納愛子さんのエッセイ新連載「行儀は悪いが天気は良い」が「小説新潮」8月号よりスタートします。加納さんがお笑い芸人としてデビューする以前の思い出の数々を、得意のユーモアとキレキレの言葉を織り交ぜて綴るエッセイです。

第一回は、大阪の住吉に住んでいた幼い頃、自宅によく遊びに来てくれていたおかしみのあふれる「おっちゃんたち」の思い出をつづったもの。芸風とはまた一味違った、加納さんのセンスフルな世界をお楽しみください。

加納愛子(かのう・あいこ)
1989年、大阪府生まれ。2010年に幼馴染の村上愛とお笑いコンビ「Aマッソ」を結成。ネタ作りを担当している。2020年、エッセイデビュー作『イルカも泳ぐわい。』(筑摩書房)が岸本佐知子や朝井リョウの絶賛で話題に。文芸誌で短編小説も発表するなど、注目を集めている。「何言うてんねん」(webちくま)、「行儀は悪いが天気は良い」(小説新潮)でエッセイを連載中。

「小説新潮」2021年8月号
【発売日】7月20日(火)
 551ページ、A5判
【定価】1000円(税込)

  • 1

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP