父・宮崎駿との衝突と葛藤の日々。そしてついに勝ち得た賞賛の言葉とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

情報提供:徳間書店

父・宮崎駿との衝突と葛藤の日々。そしてついに勝ち得た賞賛の言葉とは? (1)
画像を拡大して見る

『どこから来たのか どこへ行くのか ゴロウは?』12月2日(水)発売


株式会社徳間書店(本社:東京都品川区上大崎、代表取締役社長:小宮英行)は、スタジオジブリ初の全編3DCG長編アニメーション「アーヤと魔女」を手掛けた宮崎吾朗監督の素顔に迫る最新刊『どこから来たのか どこへ行くのか ゴロウは?』https://www.tokuma.jp/book/b548590.html を12月2日(水)より発売いたします



1998年のスタジオジブリ入社以来、現在に至るまで、3本の長編作品と1本のテレビアニメシリーズで監督を務めてきた宮崎吾朗。
建設コンサルタント、環境デザイナー、そしてジブリ美術館の初代館長と多彩な経歴をもち、現在は名古屋でジブリパークの責任者として陣頭指揮を執る彼は、世間の厳しい目にさらされ、父・宮崎駿と衝突してもなお、アニメーションを作り続けてきた。

父と比較され、時にあらぬ酷評にさらされながらも、彼がこの道を歩み続けてきたのは一体なぜなのか?

本書では、そんな吾朗の知られざるその素顔にふたりの女性が迫る。

ひとりはタイの田舎に暮らす写真家、Kanyada 。そして、社会学者の上野千鶴子──。

本書の構成

第一部
吾朗へ 
写真と言葉/Kanyada  
言葉の翻案/鈴木敏夫

第二部
「吾朗さんは、伸びしろがまだまだある。」
上野千鶴子が聞く、宮崎吾朗のこれまでとこれから

〈見出しより〉
“どういうつもり”でアニメーション監督に?
「ゲド戦記」で描いた父殺しの物語
ベテランアニメーターからの洗礼
父からの難題「コクリコ坂から」
ジブリの外でつくった「山賊の娘ローニャ」
「アーヤと魔女」で描いた現代を生きる子ども
破局の後を生きる子どもたちへ

【年表】
ジブリ&吾朗史 (世相つき)

【解説】
この「本」は、こうして生まれた。  スタジオジブリ 鈴木 敏夫

著者プロフィール

上野千鶴子 (うえの・ちづこ)
1948年、富山県生まれ。社会学者、東京大学名誉教授、認定NPO法人ウィメンズアクションネットワーク理事長。『おひとりさまの老後』(法研)、『上野千鶴子のサバイバル語録』(文藝春秋)、『また 身の下相談にお答えします』(朝日新聞出版)など著書多数

Kanyada
タイ、パクトンチャイ在住の写真家。2018年より、スタジオジブリの機関誌「熱風」にて、写真連載を担当。著書に『ジブリ美術館ものがたり』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)がある。

商品情報



【書名】どこから来たのか どこへ行くのか ゴロウは?
【著者】聞き手/上野千鶴子 
    写真と言葉/Kanyada
【発売日】2020年12月2日(水)より全国順次発売
【定価】本体1,500円+税
【判型/仕様】B5判変型●オールカラー128p
【ISBN】978-4-19-865212-8
編集・発行/スタジオジブリ 
発売/徳間書店
商品URL:https://www.tokuma.jp/book/b548590.html

参考:「アーヤと魔女」 放送情報
企画:宮崎 駿  監督:宮崎吾朗
原作:ダイアナ・ウィン・ジョーンズ(田中薫子訳・佐竹美保絵 徳間書店刊)  
脚本:丹羽圭子、郡司絵美
放送予定:NHK総合テレビ 2020年12月30日(水)午後7時30分~8時52分


[本件に関する報道関係者様からの問い合わせ先]

【株式会社徳間書店 広報窓口】株式会社C-パブリッシングサービス
TEL.03-5403-4320(直通) 
広報宣伝部 pr★c-pub.co.jp (★は@に変換してお送りください)

企業プレスリリース詳細へ
PRTIMESトップへ

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

PAGE
TOP