藤原竜也と竹内涼真が極限アクションに挑む! 映画『太陽は動かない』公開日が2021年3月5日(金)に決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

藤原竜也主演、竹内涼真共演の映画『太陽は動かない』ポスタービジュアル 吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会
画像を拡大して見る

藤原竜也主演、竹内涼真共演のノンストップ・サスペンス映画『太陽は動かない』。延期となっていた同作の劇場公開が、2021年3月5日(金)に決定した。

同作では、吉田修一(「怒り」「悪人」など)による小説「太陽は動かない」「森は知っている」(幻冬舎文庫)を、羽住英一郎監督(『海猿』『暗殺教室』『MOZU』など)が映画化。

主演の藤原竜也(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『カイジ ファイナルゲーム』など)は秘密組織“AN通信”のエージェント・鷹野一彦役を、そして、藤原とは映画初共演となり、初の本格アクションに挑む竹内涼真(『センセイ君主』「テセウスの船」など)は、鷹野の後輩で相棒の田岡亮一役を務め、ともに心臓に爆弾を埋め込まれ、24時間ごとに死の危険が迫るという、極限まで追い詰められたキャラクターを演じる。

鷹野(藤原竜也)と田岡(竹内涼真)が司令塔である風間(佐藤浩市)から命じられた任務は、“全人類の未来を決める次世代エネルギー”の極秘情報を手に入れること。権力者の誰もが欲しがる極秘情報を巡り、二人は世界各国のエージェントたちと命がけの頭脳戦を繰り広げる。

撮影は日本国内に加え、東欧ブルガリアでも約1カ月にも及ぶロケを敢行。市街地の道路を完全封鎖したカーアクションシーンや、列車を丸ごと貸し切り、首都ソフィアにて終日走行させながらのアクションシーンなど、世界規模で異例づくしの大規模な撮影が行われた。

共演には、韓国のみならずハリウッド進出も果たした女優ハン・ヒョジュ、韓国映画やドラマ界で一躍スターダムを駆け上がってきたピョン・ヨハン、そして佐藤浩市、市原隼人、南沙良、日向亘、加藤清史郎、横田栄司、翁華栄、八木アリサ、勝野洋、宮崎美子、鶴見辰吾ら、豪華な顔ぶれが集結している。

映画『太陽は動かない』の詳細ならびに続報については、作品公式サイトを参照されたい。

■映画『太陽は動かない』【本予告】2021年3月5日(金)公開

■映画『太陽は動かない』

2021年3月5日(金)全国ロードショー!

原作:吉田修一「太陽は動かない」「森は知っている」(幻冬舎文庫)
監督:羽住英一郎
脚本:林民夫
出演:藤原竜也 竹内涼真 ハン・ヒョジュ ピョン・ヨハン / 市原隼人 南沙良 日向亘 加藤清史郎 八木アリサ / 勝野洋 宮崎美子 鶴見辰吾 / 佐藤浩市
制作会社:ROBOT
配給:ワーナー・ブラザース映画
映画公式サイト⇒taiyomovie.jp
公式Twitter⇒@taiyowaugokanai #太陽は動かない

<ストーリー>
心臓に爆弾を埋め込まれた秘密組織のエージェント・鷹野(藤原竜也)と相棒の田岡(竹内涼真)。24時間ごとに迫る死の危険を抱えながら、「全人類の未来を決める次世代エネルギー」の極秘情報をめぐり、各国のエージェントたちとの命がけの頭脳戦が始まる。次から次へと困難が襲い来る極限の状況の中、2人の心臓爆破のリミットは迫っていた——。

(C)吉田修一/幻冬舎 (C)2020「太陽は動かない」製作委員会

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP