直木賞受賞作『ホテルローヤル』映画主演は波瑠、ラブホ経営者の一人娘の心情を繊細に表現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『ホテルローヤル』波瑠(田中雅代 役) 桜木紫乃/集英社 (C)2020映画「ホテルローヤル」製作委員会
画像を拡大して見る

2013年に第149回直木賞を受賞、累計発行部数85万部(電子書籍を含む)超を誇る桜木紫乃の自伝的代表作を原作とする映画『ホテルローヤル』[2020年冬公開]より、主演を波瑠が務めることが発表され、本人のコメントが到着した。

原作は、桜木自身の生家でもある北海道の釧路湿原に立つラブホテルを舞台に、ホテルの盛衰とそこを訪れる人々の生と性を描いた、七編からなる連作小説。映画では、武正晴監督(映画『百円の恋』、Netflix「全裸監督」など)がメガホンをとり、清水友佳子(連続テレビ小説「エール」など)が脚本を担当し、ホテル経営者の一人娘・田中雅代の目線を主軸に、ホテルの扉をひらく男と女、問題を抱える経営者家族・従業員のそれぞれの人生模様を描く。

主演の波瑠(連続テレビ小説「あさが来た」、ドラマ「G線上のあなたと私」、映画『オズランド 笑顔の魔法おしえます。』『弥生、三月 -君を愛した30年-』など)が演じる雅代は、美大受験に失敗し、どことなく居心地の悪さを感じながら、家業であるホテルの仕事を手伝うことになっていく。安らぎと寂しさを胸にホテルを後にする客たちを少し冷めた目線で眺めながら仕事に励む…そんな雅代の難しい心情を、波瑠は繊細に表現してみせたという。

原作者の桜木紫乃は、自身を投影した役でもある雅代を演じた波瑠に「誰にも心を見せず開かず、無表情を貫き、黙々とラブホテルの掃除をする彼女の姿は、苦しくなるほどリアルでした」と賞賛のコメントを寄せている。

映画『ホテルローヤル』の詳細ならびに続報については、作品公式サイトを参照されたい。

■波瑠(田中雅代 役)コメント

ラブホテルで働く人と訪れる人がいて、そこにうまれる微妙な温度差を役者さんたちがどんな風に表現するのかととても楽しみになる脚本でした。
撮影期間は、素敵な共演者のみなさんでとても楽しかったです。私が演じた雅代はちょっと周りに馴染めないところがあるので、もっと皆さんと仲良くなりたいなと思いながら我慢していました。
雅代はどこかいつも傍観者というか、起こる状況の中心にはいない人で。それも自覚していてどこかコンプレックスだったりもして。いつも所在なさげで可哀想にも思えるけど、悲劇のヒロインにはなりきれないような曖昧さだったり、中途半端にも見えるところが彼女の人間味になればいいなと思って演じていました。

■映画『ホテルローヤル』

2020年冬、TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー

出演:波瑠
監督:武正晴
脚本:清水友佳子
原作:桜木紫乃「ホテルローヤル」(集英社文庫刊)
製作:「ホテルローヤル」製作委員会 
製作幹事:メ〜テレ、ファントム・フィルム
配給・宣伝:ファントム・フィルム
公式サイト⇒https://www.phantom-film.com/hotelroyal/

(C)桜木紫乃/集英社 (C)2020映画「ホテルローヤル」製作委員会

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP