水木しげる、西原理恵子、田中圭一…漫画家やクリエイターによる話題の“アマビエ”作品を収録した書籍『みんなのアマビエ』が緊急出版!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

漫画家やクリエイターによる、話題のアマビエ作品を収録した書籍を緊急出版! 『みんなのアマビエ』5月19日発売
画像を拡大して見る

 本書では水木しげる、西原理恵子、おかざき真里、松田洋子、永野のりこ、寺田克也、田中圭一、なかはら・ももた、8名の漫画家をはじめ、ツイッターで「#みんなのアマビエ」ハッシュタグをつけて投稿されたイラストや工芸、ハンドクラフトなど、総勢87名の作品を収録しています。

※本書の売上げの一部を新型コロナウイルス対策基金に寄付します。

アマビエとは?
 江戸時代、弘化3年(1846年)の瓦版に描き残された妖怪のこと。
 長髪にくちばし、体にウロコ、3本足のようなヒレを持ち、肥後(熊本)の海に出現して、こう予言をして海に消えた。
「私は海中に住むアマビエと申すもの。今から6年間は諸国で豊作が続くが、病も流行する。早々に私の姿を写して人々に見せよ」
 アニメ『ゲゲゲの鬼太郎』にも登場する妖怪が、コロナ禍の今、疫病退散を祈る人々の間で広く描かれている。 

          
 新型コロナウイルス禍の日本で、140年の時を経てよみがえり、SNSを中心に拡散されてブームになっている妖怪アマビエ。漫画家やクリエイターたちが「アマビエ」をモチーフに制作した作品を一冊にまとめました。

【作品の一部を紹介】

 現代のアマビエは、絵だけにとどまらず、デフォルメされて彫刻、陶芸、ガラス、織物、和菓子、あみぐるみ……など様々な表現方法で楽しまれています。


 自粛要請で自宅にこもる日々の中、閉塞した気分をやわらげようと、クリエイターのみならず一般の人々も自作のアマビエを投稿し、見せあい、交流しています。
 そんなイマジネーションあふれる個性的なアマビエたちを紹介しています。

【動画も公開中】
https://www.youtube.com/watch?v=mX3bgEV3IYo


【新刊概要】
タイトル:みんなのアマビエ
発売:2020年5月19日
定価:本体1000円+税
判型:四六判
発売元:株式会社 扶桑社
ISBN:978-4-594-08513-1
※本書の売上げの一部を新型コロナウイルス対策基金に寄付いたします。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全10枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP