必ず自分を投影できる主人公がいる、原田マハのサプリメント的短編集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷部 香苗

旅行に帰省、家でのんびり... みなさん夏休みの過ごし方はいろいろだと思います。そんな中、“時間はないけど、ちょっと自分をリセットしたいな”と思っている方にオススメの、心に栄養を与えてくれる短編集、原田マハさんの「インディペンデンス・デイ」をご紹介します。


「インディペンデンス・デイ」原田マハ(PHP研究所)

24の短編からなる本書の主人公はすべて女性、自分の殻を破り独立していく(=自由になる)ストーリーが綴られています。ごく普通に日常を生きている女性たちが主人公なので、「コレって今の私だわ」「この人、以前の私みたい」と思える話が必ずあるはずです。読み終わったあとは、「私も一歩踏み出してみよう!」と素直に思える、心に勇気を与えてくれるサプリ的短編集です!!

作品の中から3つのストーリーをご紹介しますが、ある話では登場人物の1人として脇役だった人が次の話では主人公になっていたりするので、そこも楽しみのひとつです!

雪の気配

母が経営するスナックを手伝わされていた娘の智香にとって、母のことは世の中でいちばん疎ましい存在。家を出るため、母から離れるために猛勉強の末に大学進学、その後フランス留学に行き、娘が次に帰ってきたのは7年後の母が亡くなった3日後。受験前夜にその母がホットワインを作ってくれたことを思い出し、店にはなかったハチミツとレモンとシナモンスティック… あの寒い夜、母はどこから調達して来たのだろう、と思い出します。

智香が選んだ仕事は…!? 「人生、甘くない。苦いし辛いし酸っぱいし、けっこうとんでもない。でも、そういう味をちょっとずつブレンドするからこそ、美味しくなるのよね。」と、今は亡き母に向かって思いを馳せるのです。

缶椿

会社の女子トイレの片隅に置かれた、缶に生けた季節の花。OLと掃除のおばさんとのささやかな交流が描かれているこの話は、著者の原田マハさんが「いつか書きたい!」と思った体験が元になっています。ある公共トイレで、携帯電話をいじりながら入ってきた女子高生にまで深々をお辞儀をした年配の清掃員の姿を見た時に「この瞬間のことは誰も見ていないけど、私があなたのことを書きます! 必ず書きます!」と心に決めたそうです。

誰にも気づかれないけど、そういう方は世の中にたくさんいる。通り過ぎてしまうようなささやかなことを拾い上げるのも、小説家の仕事! とおっしゃる原田マハさんの姿勢にも、ホロッとしちゃいます。

川面を渡る風

1話目で主人公だった28歳のOLが、父から独立するために家を出たものの、不倫・失恋・父の死などを経験し3年後に戻ってくるという話。いつも寛容に受け止め、慰めてくれたのは、昔から知っているケンちゃん。そのケンちゃんと結婚を決める主人公。寄り道しても、つまづいても、まっすぐ歩いていくために、はればれと凛々しく独立するんだ、と彼女は心に誓います。ブレない生き方の大切さを、あらためて気づかせてくれるのです。

誰でも心悩ます何かから解き放たれたい、と思う瞬間があります。自分の殻をやぶり独立していく主人公たちと同じように、私たちもインディペンデンス・デイ=独立記念日を作ってみませんか??

インディペンデンス・デイ

閉塞した日常、退屈な仕事、つまらない男、結婚への焦燥……。でも――。顔をあげ、風を感じてごらん、世界...

試し読み

「度胸と直感」で人生を切り開いてきた原田マハさん

著者のペンネームは、ゴヤの「裸のマハ」に由来。幼少の頃から美術に興味を持ち、通りがかった美術館に“雇ってください”と飛びこみ、のちにキュレーター、そして作家の道へ。2005年「カフーを待ちわびて」が日本ラブストーリー大賞受賞、2012年「楽園のカンバス」で山本周五郎賞を受賞、一躍ベストセラー作家になった原田マハさんの人生のキーワードは『度胸と直感』です。

人生は誰もが主役、さりげないことがその人にとっての幸せにつながる、という思いで書かれた短編集。あ、もちろん男性の方にも読んでいただいて、そんな女性たちの気持ちを知って欲しいし、そっと見守り、時には背中を押して欲しいです! 

旅先で、帰省の移動中、ちょっと一息ついた時にオススメの1冊です!!

原田マハ・関連書籍

楽園のカンヴァス(新潮文庫)

ニューヨーク近代美術館のキュレーター、ティム・ブラウンはある日スイスの大邸宅に招かれる。そこで見たの...

ジヴェルニーの食卓[電子特別版]

電子版限定、物語に登場する巨匠達の名画も収録!美の巨匠たちは、何と戦い、何を夢見たのか-。ドガ、セザ...

試し読み

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP