小川菜摘、ダウンタウン浜田との馴れ初めや結婚秘話を披露「同せいしたいって言ったら親に反対されて」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・豊洲の新スポットでビーチバーベキューを楽しむ杏子(写真右)と小川菜摘 (C)テレビ朝日
画像を拡大して見る

2015年11月14日(土)午後10:59からのBS朝日「極上空間 ~小さなクルマ、大きな未来。~」に、BARBEE BOYSのボーカルとして活躍し、現在は女優としても舞台に立つ杏子と、タレントから女優業までマルチに活躍する小川菜摘が出演する。

クルマという空間を舞台に、友人・ライバル・兄弟・親子などのゲストが“あのシーンの舞台裏”や“ターニングポイントになったあの瞬間(とき)の思い”など、普段聞けないような“プレミアムトーク”を展開する同番組。今回の放送では、舞台共演で意気投合し“ねえやん”“なっちゃん”と呼び合う姉妹のような2人がドライブし、本格的に習いたかったという殺陣・立ち回りをマスターするほか、東京・豊洲の新スポットでビーチバーベキューを楽しむ。

お笑いコンビ・ダウンタウンの浜田雅功の妻としても知られている小川は「初めは、ダウンタウンの主演のドラマにゲストとして出たのがきっかけ」「(浜田が)周りにすごく気を使う人で、東京から一人で行った私を仲間にしてくれようとしたりして、初めから印象が良かった」「ダウンタウンが上京することになって、初めは同せいしたいって言ったら親に反対されて、じゃあ結婚しますっていう話になった」と、浜田との馴れ初めや結婚秘話を披露。

さらに「大阪で結婚式したんですけど、ゴンドラに乗ったんですよ!」「お金が無かったから会費制で…」といった結婚式の裏話や、「長男が4歳くらいで、次男の臨月の時に親子3人でいるのはあと2カ月だね~って、3人で観音崎にドライブ旅行に行ったんです」と、浜田家のほっこりエピソードも飛び出す。

一方、大学時代にバンド活動を始めたという杏子は「もともとは、私は趣味でずっとバンドを続けたいなと思っていて、だから大学を卒業したら、趣味でバンドをやってもいいように、親にも文句を言われないように、商社に勤めて。総務はほとんど(勤務時間が)9to5だから、それで、夜の時間をバンドっていうふうに」と、その意外な経歴について語る。

また「毎週ライブハウスでやっていたら、男子4人のBARBEE BOYSと対バンになったの。そして次はお祭りっぽくやるので、ゲストボーカルで歌ってくれ、かつ、デュエット曲を用意するからって言って、それがデビュー曲の『暗闇でDANCE』っていう曲で、やったら結構うけて」と、BARBEE BOYS加入へのきっかけ話や、「全然女性扱いされなくて…」など、当時のメンバーとのエピソードを明かす。さらに、「去年が30周年だったの。だから『何かやりたいね』と言ったけど、KONTA君になかなか連絡取れないんだよね」と、バンドについての思いを打ち明ける。

番組の詳細については、公式サイト(http://www.bs-asahi.co.jp/gokujou/)をチェックしよう。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP