TBSが「水ドラ!!」枠新設、オダギリジョー×尾野真千子「おかしの家」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「水ドラ!!」第一弾「おかしの家」に出演する、(左から)八千草薫、オダギリジョー、尾野真千子、勝地涼
画像を拡大して見る

TBSが10月期より新たに水曜日に「水ドラ!!」と題してドラマ枠を新設し、オダギリジョー×尾野真千子出演の東京・下町の小さな駄菓子屋を舞台にしたドラマ「おかしの家」を放送することがわかった。

新たにスタートするこの水曜ドラマは、TBSのテッペン!枠(毎週月曜日から木曜日の23:53~24:23)の水曜日に放送されるもので、その第一弾として史上最年少でブルーリボン賞(映画「川の底からこんにちは」2009年)と、日本アカデミー賞最優秀作品賞(映画「舟を編む」2013年)を受賞した若手監督・石井裕也らが手がける。

■深夜ドラマならではの心温まる物語

物語は、東京・下町の駄菓子屋「さくらや」が舞台。

両親を早くに亡くし、祖母・明子が営む経営状態の苦しい駄菓子屋「さくらや」を守ろうと奮闘しているがなかなか上手くいかない少年の心を持ち続ける33歳の主人公・太郎を演じるのは、「ぼくの妹」以来6年ぶりのTBSドラマ出演となるオダギリジョー。

そんな太郎は常連客と一緒に駄菓子を食べてはたわいもないお喋りをするという、少年時代のように何に縛られることもなく、居心地の良い生活を送っていたが、その日々も時の流れとともにいずれは終わってしまうことに気付いていた。

そして、尾野真千子演じるこの作品のヒロインとなる離婚を機に息子を連れて地元に帰って来た太郎の幼馴染でシングルマザーの中村礼子と再会し、太郎たちは、「さくらや」を訪れる人々と共に、己自身の過去に、夢に、痛みに向き合い、「本当に大切なもの」に気付いていくストーリー。

また、太郎と一緒につるむ三人衆の一人で、脚本家志望の三枝弘樹役には、NHK連続テレビ小説「あまちゃん」で前髪クネ男ことTOSHIYA役を演じた勝地涼。太郎と三枝の後輩・金田剛を前野朋哉、銭湯・亀の湯の経営者・島崎明を 嶋田久作、そして、おばあちゃん子の太郎と一緒に駄菓子屋・さくらやを経営する祖母・明子役を八千草薫が演じる。

■オダギリジョー「人間はバカな生き物。同時に愛おしい生き物」

主演のオダギリジョー

主演のオダギリジョーは、このドラマについて、

「人間はバカな生き物です。本質を見失い、何度でも同じ過ちを犯す。本当に大切なものも、すぐに見失ってしまう……が、同時に人間は愛おしい生き物です。今回集まるスタッフ・キャストなら、そんな人間の両面を、最高の形で真空パック出来ると思います。そしてこの作品は、“深夜ドラマ”の可能性を広げることになるでしょう。」

とコメントしている。
また、演出の石井裕也とプロデュースを手がける佐野亜裕美も、

(石井)「歳を重ねるごとに忘れていく「本当に大切なもの」をテーマに、楽しくて豊かなドラマにしようと思っています。」

(佐野)「ドラマ「おかしの家」は、「日常に追われる中で見失ってしまった、本当に大切なものに気付いていく」お話です。眠りに着く前のつかの間一息する時間に、このドラマを観た方が、ふと自分の人生をふり返り、大切なものは何だったか顧みるきっかけになるような作品を目指します。」

と、このドラマにかける意気込みを語る。

水ドラ!!「おかしの家」はTBS系列で10月期水曜よる11:53スタート。

■オダギリジョー主演「ぼくの妹」・石井裕也監督「舟を編む」

「ぼくの妹」以来6年ぶりの主演となるオダギリジョーのこのドラマと、石井裕也監督の名作「舟を編む」もあわせてチェック。

ぼくの妹

テレビドラマ 国内ドラマ ファミリー

製作年:2009年

オダギリジョー×長澤まさみの究極の兄妹愛!

舟を編む

無料あり 映画 邦画 コメディ 恋愛/ロマンス

製作年:2013年

マジメって、面白い。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP