「寝たきり」につながる「転倒」を防ぐには…いま大注目、鍛えるべきはカラダの“あの部分”だ!『ガッテン!』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『ガッテン!』「寝たきり予防の最新メソッド “小脳力”トレーニングSP」〈ゲスト〉山根千佳、ワッキー、柴田理恵 (c) NHK
画像を拡大して見る

日々の生活を豊かにする食・健康・美容・住まいの裏ワザを公開する番組『ガッテン!』。2020年2月12日(水)[NHK総合 19:30〜20:15]は、「寝たきり予防の最新メソッド “小脳力”トレーニングSP」を放送する。

高齢者が寝たきりになる大きな原因のひとつ「転倒」。筋力の衰えが転びやすくなるきっかけになるため、予防のためには筋トレが欠かせない。しかし近年、転倒予防対策に非常に有効であることがわかり、筋肉と同様に“鍛えるべき”場所として注目されるカラダの部位がある。その部位とは、小脳だ。

小脳は平衡感覚を調整する組織。ここを鍛えることで、転倒やふらつきを防止しようというのだ。カラダを飛行機に例えれば、劣化した機体(筋肉や骨)をパイロットの腕(小脳)で補おうという発想。小脳の力を呼び覚ますことで、95%の人のふらつきやめまいの症状が軽減するなど、その効果が世界各地で報告されている。

今回は、みずからの小脳機能の衰えを知るために、自宅でできるセルフチェック法と共に、目を動かすだけで小脳力がアップする「小脳トレーニング」を紹介。小脳の未知なるパワーを引き出す方法は、一見の価値ありだ。

■出演

【司会】立川志の輔、小野文惠
【ゲスト】柴田理恵、ワッキー、山根千佳

■番組公式サイト

http://www9.nhk.or.jp/gatten/

(c)NHK

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全10枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP