おっぱいの木、掃除機が大好きなネコ、母のように優しい犬、ゴージャスすぎる路線バスなど紹介 『ナニコレ珍百景』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「ナニコレ珍百景」 鈴木杏樹 、 霜降り明星(せいや・粗品) (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

“見慣れている人には当たり前でも初めて見る人にとっては不思議な光景”を発掘し、紹介する番組「ナニコレ珍百景」。2019年9月15日(日)放送分[テレビ朝日系 18:30〜19:58]では、「家族じまん珍百景」「バス珍百景セレクション」などを展開していく。

●【家族じまん珍百景】背ばいが速すぎる赤ちゃん(島根県安来市)

加納さんご家族の長男・朱眞ちゃん(生後9カ月)が仰向けのまま高速で移動する光景。おなかを床につけてハイハイする赤ちゃんはいるものの、高速で背ばいする赤ちゃんは珍しいということでの投稿だが、お母さんにはちょっとした悩みがあるようで…。

●【家族じまん珍百景】子どもが発見! おっぱいの木(大阪府堺市)

大阪の大泉緑地におっぱいのある木が生えている光景。大泉緑地にあるシラカシの木の幹には、巨大な女性のバストのような2つのコブがある。小学校4年生の女の子たちが投稿してくれたのだが、本当にバストのように見えるのか?

●【家族じまん珍百景】不気味すぎる交通安全人形(茨城県常陸太田市)

茨城県常陸太田市の交差点にある交通安全人形がリアルで不気味すぎる光景。かつて女性警察官をイメージして量産された人形なのだが、長い年月を経て穴があき、色も褪せてしまい…。

●【家族じまん珍百景】フリースケート名人の75歳(埼玉県三芳町)

75歳の加納義勝さんがフリースケートで上手に滑っている光景。日本のフリースケートは、アメリカから2007年に器具が輸入されて始まったそう。まだ歴史の浅いフリースケートを加納さんが始めたきっかけとは?

●【家族じまん珍百景】孫の手で背中をかくと音が鳴る母(沖縄県沖縄市)

與儀(よぎ)さん一家のおばあちゃんの背中を孫の手でかくとキュッキュッと高い音がなる光景。高くてほどよい音が出る条件とは?

●誰が買う? 淡路島の巨大自販機(兵庫県南あわじ市)

11年ほど前に紹介したソックリさん“漁師のジャンボ尾崎”こと亀谷敏雄さんがいる淡路島に、普通の自販機の数倍の大きさのジャンボ自販機がある光景。この自販機では、淡路島が名産の玉ねぎのカレーや淡路島産の玉ねぎロースト、オリーブの塩漬けなど、ご当地ものを缶詰にした“ゴトカン”が売られている。しかし、巨大であるだけに問題もあるようで…。

●掃除機が大好きなネコ(大分県由布市)

インスタ映えスポットとして豆柴カフェがあることでも知られる由布市の幸野さん宅で、掃除機をかけるとネコが寄ってきて仰向けに寝転がり、掃除機で吸って欲しいとアピールする光景。幸野さんが飼っているネコのロクくん(オス)の愛らしい仰向けポーズに注目したい。

●母のように優しい犬(北海道小樽市)

小田島隆幸さん(52歳)が飼っている犬のボブくんが、小田島さんが家に帰ってきてソファに横たわると毛布を口にくわえて運んできてかけてくれる光景。ボブくんはなぜ優しくなったのか?

●おじさんになついた? 野生のキジ(福井県美浜町)

おじさんが呼びかけると野生のキジが寄ってくる光景。桃井さん(65歳)が山で「おーい」と呼びかけると野生のキジがよってくる。水上犬猫鳥の病院の水上昌也院長先生にその理由を聞いてみると…!?

●彫刻家の家を調査(東京都豊島区)

池袋の民家の庭に謎の像が何体も立っている光景。像の持ち主である彫刻家の河野新さん(85歳)は、20代から彫刻をはじめて以来、60年近く彫刻を続けている。主に学校や公園などに飾る像を手掛けており、自宅内に置ききれないものなどを庭に置いているというのだが、その驚きの数とは?

●見間違える料理(群馬県渋川市)

国道沿いのドライブインにある白樺食堂で、どう見てもラーメンに見えるパスタが出てくる光景。看板に載っている「峠の田舎パスタ」が、完全にラーメンのように見えるという。一体どんなパスタなのか?

●「普通盛り」の量がすごい食堂(東京都千代田区)

秋葉原の食堂で、店のご主人・安達政則さんがお客さんの体格を見て、やたらと大盛の料理を出してくれる光景。普通盛りを頼むと、3kgを超えるご飯と山盛りのから揚げのサービス定食を出してくれる。ご飯はおかわり自由で、いくら食べても値段は980円。何故そんな大盛にしてくれるのか?

●【バス珍百景セレクション】降車ボタンを押すと牛が鳴くバス(熊本県南阿蘇村)

南阿蘇村を走る路線バスで降車ボタンを押すと「モォー」という牛の鳴き声が車内に響き渡る光景。その見事な鳴きっぷりを公開する。

●【バス珍百景セレクション】園児のバスアナウンス(新潟県柏崎市)

「市街地循環バス ひまわり」で、園児がかわいい声でバス停を教えてくれる車内アナウンスが流れる光景。なぜ園児の声なのか?

●【バス珍百景セレクション】ゴージャスすぎるデザインの路線バス(岡山県岡山市)

車内が白で統一され、シートのデザインや質感がエレガントな路線バスの光景。ゴージャスな理由と驚きの設備を紹介する。

●【バス珍百景セレクション】どこでも乗り降り自由な路線バス(宮崎県宮崎市)

停留所以外でも、乗りたいところで待っていると路線バスに乗れる光景。一体どんなシステムなのか?

●【バス珍百景セレクション】北海道縦断! 始発から片道5時間の路線バス(北海道幌延町〜旭川駅前)

始発から片道5時間かかる、移動距離が長い路線バスが走っている光景。始発は北海道北西部の「幌延深地層研究センター前」で、そこから30分ほどかけて幌延駅に停車、その後、羽幌ターミナル、『となりのトトロ』に因んだネコバスのオブジェもある戸外炉ととろ峠を経て…。移動距離&料金はどれくらいなのか?

●田舎の池の中に謎の人形(長崎県諫早市)

イチゴ、スイカ、メロンなどの形をしたフルーツバス停がインスタ映えスポットとして人気の諫早市郊外、その横山地区にある「祈願の鐘」という看板を掲げた池の真ん中に、着物を着た巨大な人形が飾られている光景。町おこしやイベントのためのオブジェかと思われたが、その正体は意外なものだった…!?

他にも、様々な珍百景が登場。気になる人はチェックをお忘れなく。

※内容は変更の場合あり

【MC】堀内健(ネプチューン)
【ナニコレ珍百景「珍定」委員長】原田泰造(ネプチューン)
【進行】森葉子(テレビ朝日アナウンサー)
【珍定ゲスト】鈴木杏樹、霜降り明星[せいや・粗品]
【ナレーター】奥田民義、広居バン

■ナニコレ珍百景|テレビ朝日

https://www.tv-asahi.co.jp/nanikore/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP