福士蒼汰・菜々緒・桐谷健太・横浜流星が“仲良し兄弟”に! 金曜ドラマ『4分間のマリーゴールド』ビジュアル解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『4分間のマリーゴールド』福士蒼汰、菜々緒、桐谷健太、横浜流星 (c)TBS
画像を拡大して見る

福士蒼汰が主演を務めるTBS系金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」[2019年10月スタート 毎週金曜 22:00〜22:54]より、福士蒼汰、菜々緒、桐谷健太、横浜流星が演じる兄弟4人のビジュアルが解禁。さらに、新たなキャストとして麻生祐未らが発表された。

原作は、新人コミック大賞(青年部門)で大賞を受賞したキリエによる同名漫画(小学館ビッグスピリッツコミックス刊)。手を重ねた人の“死の運命”が視えてしまう特殊能力を持つ救急救命士・花巻みこと(福士蒼汰)と、命の期限が1年後に迫った義姉・沙羅(菜々緒)との禁断の恋を描く切ないラブストーリーとなり、沙羅と共にみことの義理の兄弟となった長男・廉を桐谷健太が、末っ子・藍を横浜流星がそれぞれ演じる。

このたびビジュアルが解禁となった4兄弟は、父親が亡くなり母親も不在がちな花巻家で、助け合いながら仲良く暮らしている。演じる4人は揃って顔を合わせた初日から、「もしこの兄弟が現実だったら、3人をめちゃくちゃ可愛がる」という“長男”桐谷が中心となって盛り上げ、現場は終始アットホームな雰囲気に。福士は「それぞれが役柄に近い雰囲気なので、しっくりきました」、菜々緒は「他愛もない雑談をしながら、“兄弟”っぽい! と感じました」、横浜は「たくさんコミュニケーションを取って、しっかりといい関係性を築いていきたいです」とコメントし、4人の間にはすでに“仲良し兄弟”の空気が漂っていた。

ドラマでは、4人が一つ屋根の下で和やかに暮らす日常風景や、沙羅の余命のことを知ったみことの彼女への想い、それによって変化していく兄弟4人の関係なども見どころになるという。

また、新たなキャストとして発表された麻生祐未は、花巻家の母で、海外を拠点に活動するフォトグラファーの理津を演じる。他にも、磯辺健太役を西村元貴、上田祐樹役を伊藤あさひ、阿部志乃役を関水渚、遠藤琴役を鈴木ゆうか、江上良平役を三浦誠己、高木静香役を西尾まり、原田治役を橋本じゅんが務めることが明らかになった。

なお、番組公式InstagramとLINEが始動し、インスタでは花巻家4兄弟の仲睦まじいオフショットが公開中。引き続きオフショットや裏話がアップされていくほか、花巻家の愛犬・柴犬のシロの登場も予定されているという。また、公式LINEとすでに始動している公式Twitterでも、ドラマをより一層楽しめる情報を発信していくそうなので、気になる人はチェックをお忘れなく。

■金曜ドラマ「4分間のマリーゴールド」

<概要>
救急救命士として働く花巻みことには、手を重ねた人の「死の運命」が視えるという特殊な能力がある。これまでに視た「死の運命」は、どれだけみことが手を尽くそうとも必ず現実になってしまうのだった。そんなみことが抱えるさらなる重い事実——それは最愛の義姉・沙羅が1年後にこの世を去るという「死の運命」を視てしまったこと。一つ屋根の下に暮らす義姉である沙羅を愛してしまったみことは、あと1年、沙羅の幸せのために尽くすことを心に誓う。
「死の運命」を視てしまった人に対して、自分は何をするべきか? 自分が生まれてきた意味とは何か? 救命士であるのに、命を救うことができないみことは、何を決断し行動するのか?
「生」と「死」と向き合う救命士・みことと、悲しい運命を背負う沙羅の純粋すぎる禁断のラブストーリー。

公式サイト⇒https://www.tbs.co.jp/4mari/
公式Instagram⇒4mari_tbs
公式Twitter⇒@4mari_tbs

▼原作コミック:キリエ『4分間のマリーゴールド』配信中

4分間のマリーゴールド

救命士になったばかりの花巻みこと。彼は「能力」があることに気づく。手を重ねた人の「死の運命」が視える...

試し読み

605円/巻

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP